カワサキ エストレヤでよくある故障と修理費用

カムチェーンの伸びはもはや定番

 

エストレヤの持病として古くから知られているものにカムチェーンの伸びというものがあります。
最近のモデルは、対策が取られているので、初期型ほどカムチェーンが延びるということはないようですが、それでも他のモデルと比べるとカムチェーンの伸びは早いようです。
カムチェーンは、シリンダーヘッドにあるカムシャフトを回すために、クランクシャフトの回転を伝えるためにつけられています。
それによってクランクシャフトが回ることによってカムシャフトを適切な回転数、タイミングで回すことができるのです。
エストレヤではこのカムチェーンの構造が悪いのか、カムチェーン自体の質が悪いのか分かりませんが、延びやすくなっており、その伸びを調整する意味で付けられているチェーンテンショナーの調整範囲を超えることがしばしばで、初期型ですとたるんだカムチェーンがエンジンブロック内部を削ってしまい、エンジンブローとなることがあるようです。
エンジンをかけて、エンジンからジャラジャラ、ガリガリといった音が聞こえるようになったら相当チェーンが延びている状態ですので、すぐにでも修理に出した方がいいでしょう。
カムチェーンの交換には部品代として10000円ぐらい、工賃合わせて30000円ぐらいとなるでしょう。

 

これも定番、オイル上り

 

それからこれも持病といっていい故障のオイル上り、マフラーから真っ白な煙が出てくるときはまず間違いなくオイル上りだといっていいでしょう。
オイル上りはクランクケース内のエンジンオイルがシリンダー内に入り込み、混合気と一緒にそのオイルも燃焼しているといった状態で、ピストリン軍摩耗によることが多いようです。
このエストレヤに搭載されているエンジンにつけられているピストンリングは厚みが薄いことで知られています。
ピストンリングが薄いため、摩耗が早く、シリンダーの内壁の部分についたエンジンオイルをオイルリングがかき切れない状態になると、シリンダー内にエンジンオイルが残り、それが燃焼されてしまうのです。
修理をするにはピストンリングすべてを交換しなければならないのですが、ピストンリングの交換だけであれば20000円もあれば直すことができます。
しかし、ほとんどの場合ではピストリングの摩耗と合わせてシリンダー内部もキズだらけになっていることが多いため、オーバーホールやシリンダーブロックの交換を行わなければならず、10万円以上の費用が掛かってしまうこともあります。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・