カワサキZEPHYR400でよくある故障と修理費用

熱によるエンジンブロックの歪み

 

ZEPHYR400のエンジンは熱に弱いことで有名です。
こういったバイクを購入して乗り回す方がよく行うであろう、高速走行や高回転域を多用する走りなどをしただけでオーバーヒートしやすい状態となり、きちんとクールダウンしてあげないとエンジンブロックがゆがみやすくなります。
エンジンブロックがゆがむといってもエンジンブロックの交換といった大きな修理が必要になることは稀ですが、ちょっとしたひずみがシリンダーヘッドに起こることがあり、そこからエンジンオイルがにじんでくることは結構あるようです。
だいたいの場合、ヘッドガスケット自体が劣化して、ちょっとした変形にも適用できないという状態になっているものが多いため、大げさな研磨作業などは必要としないことが多く、シリンダーヘッドガスケットの交換で済むことになります。
費用としては部品代込で10000円から20000円ぐらいといったところでしょうか。

 

スターターモーターの故障はスイッチが原因

 

ときどき見かけるものですが、スターターモーターが回ったり、回らなかったりするという症状です。
ある時は元気よくスターターモーターも回り、エンジンも一発で始動となるのに、又ある時ではスタータースイッチを押してもうんともすんとも言わなかったり、時々回ろうとしたりと不安定な症状を引き起こします。
こういった症状が出た場合は、バッテリーの状態、発電機の状態、スターターモーターの状態、各センサーの状態などをチェックして直していくものですが、このモデルの場合では、スタータースイッチの接触不良でそうなることが多いようです。
スターターモーターは右のハンドルスイッチの一つとして付けられていますが、そのスイッチの接点が摩耗し、接触不良を起こすことがあります。
修理はできれば右側のハンドルスイッチをそっくり交換した方がいいのですが、それなりにお金がかかってしまうので、スタータースイッチの接点の回復だけを行うという手段をとることが多いようです。
右ハンドルスイッチをハンドルから取り外し、スタータースイッチの部分をきれいに掃除したり、軽くペーパーで磨いたり、接点クリーナーなどといった薬剤を綿棒などで付けることで、接触を復活させることができます。
これならある程度、整備する技術を持っている方であれば、ほぼ無料で直すことができるでしょう。
ハンドルスイッチごと交換となると、最低でも10000円ぐらいかかってしまうので、それ以外のスイッチにトラブルが起きていないのであれば、修理費用をかなり節約することができます。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

カワサキ ZRX400でよくある故障と修理費用
ZRX400のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
カワサキNinja 400でよくある故障と修理費用
Ninja 400のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
カワサキバルカン400クラシックでよくある故障と修理費用
バルカン400クラシックのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。