カワサキ ZRX400でよくある故障と修理費用

ハンドルスイッチ故障でウィンカーがつかない

 

ZRX400で結構出ているのがハンドルスイッチのトラブルです。
特にどういうわけか左側のハンドルスイッチの方が壊れやすいようで、よくウィンカーがつかないなんてことが起こるようです。
ウィンカーがつかないというトラブルで真っ先に疑うのはウィンカーのバルブの球切れですが、右を付けても左を付けてもつかないので違う、次に配線の断線があるのではということで配線の導通テストを行っても正常、それならウィンカーリレーか?ということで正常に動くウィンカーリレーにつなぎ変えても全くつかない、こういった状態になったときに原因として考えることができるのがハンドルスイッチなわけです。
左のハンドルスイッチにはウィンカー以外にもハイビーム・ロービーム切り替え、ホーン、チョークレバー、後期型ですとハザードランプなどスイッチが付けられていますが、一番使用頻度が高いせいか、ウィンカーが一番壊れることが多いようです。
分解して直そうとすれば直せないことはないらしいですが、一番いいのはやはり交換することです。
交換には5000円ぐらいの部品代と工賃として3000円ぐらいの費用が掛かります。

 

サイドスタンドスイッチでエンジンが止まる

 

そしてこちらもスイッチ類なのですが、今度は手元ではなく、足元です。
エンジンが突然止まってしまったり、エンジンをかけようとしてもかからないという症状を示す、サイドスタンドスイッチの故障です。
このモデルにも一種の安全装置としてサイドスタンドを展開している時にエンジンをかけることができなくなっています。
その制御を行う部分がサイドスタンドの付け根の部分につけられているサイドスタンドスイッチで、この部分が壊れてしまうことによって、サイドスタンドがたたまれた状態になっていても、展開している状態と判断されてしまい、いくらセルモーターのスイッチを押してもエンジンがかからなくなってしまいます。
サイドスタンドスイッチは位置的にフレームの下につけられることになり、走行中の汚れや水分などが付着しやすく、それによってシリンダー状のスイッチが固着してしまったり、電気的に断線してしまったりすることになりアスイといえます。
応急処置として、オイルスプレーを吹き付けて、スイッチがちゃんと動くようにしてあげれば直すことができますが、後々同じ助教になってしまう可能性がかなり高いのでここはいっそのこと交換した方がいいでしょう。
修理費用もそれほど高くなく、部品代としては2000円ぐらい、工賃入れても4000円ぐらいで済ますことができます。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

カワサキNinja 400でよくある故障と修理費用
Ninja 400のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
カワサキZEPHYR400でよくある故障と修理費用
ZEPHYR400のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
カワサキバルカン400クラシックでよくある故障と修理費用
バルカン400クラシックのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。