カワサキZEPHYR750でよくある故障と修理費用

スターターの故障の原因はワンウェイクラッチ

 

ZEPHYR750で頻繁に聞く故障事例にスターター部につけられているワンウェイクラッチの故障があります。
スターター機能はスターターモーターとワンウェイクラッチで構成されています。
基本的な概念から言うとスターターモーターの回転をギヤを介してクランクシャフトに伝え、それによって初爆を得る形でエンジンをスタートするわけですが、スターターモーターとクランクシャフトが直結したままの状態であると、エンジンがかかっていない時はいいですが、エンジンがかかった後ではスターターモーターが負担となりますので、通常はこの間の空転する機能とスターターモーター軸とクランクシャフトの連結をオン・オフする機能も付けられています。
その連結を左右するところがワンウェイクラッチという部分なのです。
ワンウェイクラッチというぐらいですのである一定の回転方向の時だけ連結され、その逆ではフリーとなる機能を持ちます
要するにスターターモーターがエンジンをかけようとする時、スターターモーターの回転数がクランクシャフトの回転数を超えて時にスターターモーターの回転数が伝わるようになり、エンジンがかかり、クランクシャフトの回転数の方が優った時は連結を切り離す構造になっているということです。
構造的には、シャフトの円周上に複数のローラーがついており、それが一定の回転でシャフトを押し付けることで廉潔性を作るようになっています。
ZEPHYR750の多いトラブルはこのローラーが摩耗して、本来であればシャフトを押し付けなければならないのに、摩耗によってシャフトを押し付けることができなくなり、スタータースイッチを押してもスターターモーターは元気よく回るのに、その回転がクランクシャフトに伝わらず、エンジンをかけることができなくなってしまうというものです。
修理はワンウェイクラッチの分解とローラーの交換ということになり、部品代として10000円ぐらい、工賃として30000円ぐらいの費用が掛かります。

 

定番のオイル漏れも多発

 

それからエンジンオイル漏れのよくあります。
場所はクランクケースとシリンダーブロックの間からで、原因としては単なるガスケットの抜けであることが多いようです。
ただ、この部分からのオイル漏れは、エンジンオイルの漏れる量が意外と多く、エンジンの側面がエンジンオイルでべったりとなることがあるので、修理の際に行うクリーニングに手間がかかるかもしれません。
修理費用としては、部品代として2000円ぐらい、工賃はエンジンを降ろす必要があるので、20000円ぐらいかかる事もあるようです。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・