スズキ グラストラッカー ビッグボーイでよくある故障と修理費用

CDI故障でエンジンが止まる

 

グラストラッカー ビッグボーイを中古で買った場合、走行距離が延びているものですと点火系にトラブルが多く出るようです。
これもその一つで急にエンジンがかからなくなったというもの、バッテリーはOK、スターターモーターもOK、リレーOK、ととりあえずよくありがちな部分を見ても何ら問題ない状態で、セルではなく、キックや押し掛けをしても全くエンジンがかからないというものです。
これはCDIの故障です。
CDIはスパークプラグに火花を散らせるための一つの部品で、電子機器として作られているので、やはりそれなりの時間が経つと壊れやすくなります。
この部分が壊れると点火ができなくなりますので、他の部分が正常でも絶対にエンジンはかかりません。
修理は交換するしかありません。
修理費用としては、部品代として10000円ぐらいと工賃が3000円ぐらいかかりますが、多少でも整備に自信がある方であれば、ほぼボルトオンですので、CDIだけを買って自分で交換することもできるでしょう。
中古部品であれば6000円ぐらいで手に入れることができます。

 

キャブレターの汚れでエンジン不調

 

それからこれもエンジンがかからない、加速が悪い、アイドリングが安定しないという症状が出るものですが、キャブレターの不良です。
キャブレターはインジェクションのように、空気量を測って、それに見合った燃料を噴射するという能動的な構造ではなく、引力や負圧、流速といった受動的なものを使って燃料を供給するものですので、どこか一か所でもつまりや汚れの堆積などがあると一気に調子をくずします。
エアクリーナーで除去できなかったチリやガソリンの不純物、排気ガスによるスラッジなどキャブレターは常に汚れる一方なのです。
そういったものがついているわけですから、いずれはきれいに掃除しなければならないわけで、そのためにキャブレターのオーバーホールが必要になるのです。
子のオーバーホールを怠ると先程のような症状が出ることになり、場合によっては出先からバイクを押して帰る羽目にあってしまいます。
キャブレターのオーバーホールは、交換部品さえなければ10000円以下で行うことも可能です。
腕に自信のある方であれば、単気筒で作業も比較的簡単ですので、自分でおこなって事実上無料で直すことができると思います。
ただ、キャブレターは複雑で細かい部品がたくさんつけられているものですので、慎重な作業が必要となります。
同時にスパークプラグも交換しておいた方がいい結果が得られるようです。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

スズキ ST250 Eタイプでよくある故障と修理費用
ST250 Eタイプのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ スカイウェイブ250 でよくある故障と修理費用
スカイウェイブ250 のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。