スズキ ST250 Eタイプでよくある故障と修理費用

スズキのST250シリーズは、ボルティーの後継モデルとして作られて、構造もほとんど同じものですので、このバイクならではの不良個所というものはすべて出尽くしており、対策も取られているので、全体的に故障は少ないといわれています。
時にトランスミッションが抜けたり、変速ショックが大きくなったりすることもあるようですが、オイルの交換やオーバーホールをすれば、直ることが多く、大きなトラブルにつながることもなく、多額の修理費用が掛かる修理をすることもあまりありません。

 

弱点はフロントフォーク

 

ただ、やはり使い込んでいくといろいろと出るようで、よくあるのがフロントフォークのねじれです。
フロントフォークのねじれはライダーの扱い方によってどのモデルでも出るものですが、このST250 Eタイプでは、フロントフォークとその土台となるトップブリッジやアンダーブラケットの強度が弱いせいか、特にどこかにぶつけたわけでもなく、転倒したわけでもないのに、ねじれてしまうことがあるようです。
修理は大きなねじれ出ない限り、交換するものはなく、各部分を緩めて力ずくで矯正をすれば直すことができます。
修理に出すと3000円ぐらいの工賃で直してくれますが、自分で行うこともできます。
稀にフロントフォークが曲がってしまっていることもあります。
この場合はフロントフォークを交換しなければなりませんので、部品代に15000円ぐらい、工賃で5000円ぐらいの費用が掛かるでしょう。

 

ハブダンパーの劣化で走りがぎくしゃくする

 

それから加減速を繰り返していると止まる寸前とか加速する時などにリヤホイールあたりから衝撃を感じることがあります。
これはリヤホイールとスプロケットの間につけられているハブダンパーの劣化によるものです。
ハブダンパーはチェーンからスプロケットに力が加わった時に出る衝撃を緩和するもので、内部にゴムが入れられているものです。
見た目的にはホイールにスプロケットがダイレクトについているように見えますが、実際はこの間にゴムが付けられていて、極端な言い方をするとスプロケットが遊動式なっているということになります。
とはいってもかなり固いゴムで作られているのでほぼ固定されているといってもよく、加減速の大きな力が加わったときに、若干動く程度のものとなっています。
このゴムの部分が硬化するとチェーンから衝撃がダイレクトに伝わってしまったり、減速時にチェーンを回そうという力がかかるとガツンといった衝撃を感じるようになってしまうわけです。
修理はハブダンパー内のゴムの交換を行います。
部品代として3000円ぐらい、工賃も3000円ぐらいで直すことができると思います。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

スズキ グラストラッカー ビッグボーイでよくある故障と修理費用
グラストラッカー ビッグボーイのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ スカイウェイブ250 でよくある故障と修理費用
スカイウェイブ250 のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。