修理するより売ったほうが得するかも・・・・

400cc記事一覧

キャブレターの調整不足によるエンジン不調DR-Z400SMのようなモデルでは、スカチューンなどといったいろいろなドレスアップやチューニングがされることが多く、マフラーなども交換され、そのままの状態で中古バイクとして販売されることが多くなっています。そういった既にいじられている中古を買った時によくあるのが、エンジンの不調です。アイドリングが定まらない、エンジンのかかりが悪い、加速が鈍い、排気ガスがガ...

遠心クラッチが滑るスカイウェイブ400ではクラッチの故障がよく出ています。こうなるおおもとの原因は、格下モデルであるスカイウェイブ250と同じ部品を使って作られているということで、パワーもトルクも250モデルより高い400モデルに使っては壊れやすくなるのも当然かと思います。よくある症状が、アクセルを開けてエンジン回転数が上がってもなかなか走り出さない、上り坂でアクセル全開にしてもエンジン回転数は高...

タペット異常はサービスキャンペーンこればグラディウス400にサービスキャンペーンとして発表されたものなのですが、エンジンという重要な部分であるため、ぜひとも注意していただきたいと思います。トラブル発生個所はシリンダーヘッド内部にあるバルブ駆動系の部分です。シリンダーヘッドにはカムシャフトとバルブが付けられているのですが、その間にあるタペットという部品が製造工程において熱処理が適切でなかったこと、バ...

レギュレートレクチファイアによるパワーダウン大きなボディが特徴のイントルーダークラシックでは、やはりレギュレターのトラブルが多発しています。それほど発熱量が多いエンジンではないのですが、レギュレター自体の質が悪いのか意外と早い段階で壊れてしまうようです。レギュレターが壊れてしまうとバッテリー上がりが頻繁に起こったり、スピードメーターなどの電子機器の動きがおかしくなったり、エンジンもスパークプラグの...

日本で初めて集合管が付けられた形で市販されたGSX400インパルス、このモデルはだいぶ古いモデルですのでトラブルもあちこちに出るようです。キャブレター不調で加速不良古いならではのトラブルとして多いのがエンジンの不調、アクセルを開けてもエンジン回転数が上がらない、まるで失火しているかのようにゴボゴボっといった音を立てるだけで全く加速していかないというものです。これは失火ではなく、ガソリンの供給がスト...