スズキ イントルーダークラシックでよくある故障と修理費用

レギュレートレクチファイアによるパワーダウン

 

大きなボディが特徴のイントルーダークラシックでは、やはりレギュレターのトラブルが多発しています。
それほど発熱量が多いエンジンではないのですが、レギュレター自体の質が悪いのか意外と早い段階で壊れてしまうようです。
レギュレターが壊れてしまうとバッテリー上がりが頻繁に起こったり、スピードメーターなどの電子機器の動きがおかしくなったり、エンジンもスパークプラグの火花が弱くなることから大幅なパワーダウンや高回転まで回らなくなったりします。
もちろんスターターモーターの回りも悪くなったり、回らなくなったりしますので、エンジン始動困難といった書状も出します。
こういった症状が出た場合は、レギュレターを交換しただけで簡単に直ってしまうこともあります。
レギュレターが壊れるとバッテリーも弱っているはずですので、何回もバッテリー上がりを繰り返しているようであれば、同時にバッテリー交換もした方がいいでしょう。
レギュレター交換で10000円ぐらい、バッテリー交換で20000円ぐらいかかりますが、バッテリーに関しては社外品であれば5000円ぐらいで購入することができ、交換作業も決して難しいことではありませんので、自分で行えば5000円で済ますことができます。

 

クラッチとトランスミッションの負担が大きい

 

それからこれは重量級のバイクであるからなのでしょうか、クラッチとトランスミッションの不具合も多く出ているようです。
ただ、この2つの不具合の原因は、すべてクラッチによるもので、クラッチプレートも摩耗によって、クラッチの切れが悪くなったり、つながった時の圧力が弱くなることからクラッチ自体とトランスミッションにトラブルを引き起こすのです。
クラッチではクラッチの滑りが多く、加速中にエンジン回転数だけが上がってスピードが出なくなるという症状が出ます。
トランスミッションでは変速時にギヤが抜けたり、変速することができなくなったり、ニュートラルに入れるのが難しくなったりします。
トランスミッションは、クラッチが切れない状態となるとスムーズに動くことでができなくなるので、こういった症状が出やすくなります。
修理はクラッチのプレートの交換とオイルの交換です。
費用としては20000円から30000円ぐらいといったところでしょうか。
クラッチを交換してもまだ同じような症状が出る場合は、トランスミッションも壊れていることになります。
トランスミッションを交換するとなると新品部品で10万円ぐらいかかってしまうでしょう。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

スズキ DR−Z400SMでよくある故障と修理費用
DR−Z400SMのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ スカイウェイブ400でよくある故障と修理費用
スカイウェイブ400のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ グラディウス400でよくある故障と修理費用
グラディウス400のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ GSX400インパルスでよくある故障と修理費用
GSX400インパルスのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。