スズキ グラディウス400でよくある故障と修理費用

タペット異常はサービスキャンペーン

 

こればグラディウス400にサービスキャンペーンとして発表されたものなのですが、エンジンという重要な部分であるため、ぜひとも注意していただきたいと思います。
トラブル発生個所はシリンダーヘッド内部にあるバルブ駆動系の部分です。
シリンダーヘッドにはカムシャフトとバルブが付けられているのですが、その間にあるタペットという部品が製造工程において熱処理が適切でなかったこと、バルブ周りの組み付けがよくなかったことから、クリアランスが増大し、さらにタペットが異常摩耗することから、正常なバルブの動作ができなくなり、ひどい場合になると、エンジンが止まってしまうことがあるというものです。
タペットの異常からクリアランスが増大傾向になるということで、いきなりエンジンがかからなくなるということではなく、だんだんそういった症状が強くなり、ちょっとかかりが悪いなぁ・・・とか加速が鈍いなぁ・・・ということがどんどん強くなった果てにエンジンがかからなくなってしまう、エンジンストップしてしまうという形になります。
タペット、カムシャフトなどシリンダーヘッド内部の部品が無償交換となります。

 

発電機の劣化でエンジン始動不能

 

それから、これは一般的なトラブルですが、発電機のトラブルも多いようです。
早い話、バッテリー上がりです。
バッテリー上がりといってもただ単にバッテリーが弱っているということだけではなく、バッテリーに電気を充電する経路のトラブルも考えられます。
グラディウスではどうやら発電機の耐久性が低いようで、内部のコイルが溶断して、その部分でショートすることがよくあるそうです。
この部分が溶断、ショートするとヒューズが飛ぶ前に発電能力が全くなくなるわけで、それに気が付かない状態で走り、一度でもエンジンをとめようものなら、スターターモーターを回すだけの電力が残っておらず、エンジン始動不能状態となります。
こういった状態になった場合、発電機のコイルと念のためバッテリーを交換した方がよいでしょう。
費用はざっと計算して40000円ぐらいといったところでしょうか。
もしこれでまた同じ症状が出るようであれば、レギュレターの交換も必要になります。
たぶんきちんとしたところに修理を出せば、きっとこの部分もチェックしてくれるはずですが、そうでなかったり自分で直す時は一応頭に入れておきましょう。
費用としてはプラス10000円ぐらいで社外品であれば5000円ぐらいといった感じになると思います。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

スズキ DR−Z400SMでよくある故障と修理費用
DR−Z400SMのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ スカイウェイブ400でよくある故障と修理費用
スカイウェイブ400のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ イントルーダークラシックでよくある故障と修理費用
イントルーダークラシックのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スズキ GSX400インパルスでよくある故障と修理費用
GSX400インパルスのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。