ハーレーダビッドソン FLH1200でよくある故障と修理費用

構造的な欠陥、シリンダーからのオイル漏れ

 

FLH1200はいわゆるショベルヘッドを搭載したモデルですが、ショベルヘッドの時代は、エンジンの組み立てに使うボルト、特にシリンダートシリンダーヘッドを固定するボルトが貫通スタッドボルトではないので、この近辺からのオイル漏れが結構多く出ています。
ハーレーダビッドソンのオートバイはこのFLH1200だけではありませんが、エンジンオイル漏れを起こすことが当たり前で、逆にそれがあたかも正常であるかのように言われていますが、正常な状態であることは決してなく、漏れないところから漏れているわけですから、間違いなくトラブルとなります。
もともとの設計が悪く、部品の質も悪いことからエンジンオイルがシリンダーヘッド、シリンダーブロック、クランクケースなどの間から漏れてしまうのですから、根本的な修理方法というものは存在しません。
あくまでも対処療法でしか対応できないので、エンジンオイル漏れあるいはエンジンオイルにじみはハーレーダビッドソンのオートバイに乗っている以上、ずっと付き合っていかなければならないわけです。
さて、対処方法ですが、エンジンを分解して各部品の間にあるガスケットやパッキンといったものを交換する形で行います。
ガスケットやパッキン類は高くても2000円ぐらいで買えますので、部品代自体はそれほど高くはなりませんが、エンジンを分解する、またはエンジンを降ろさなければならないため、工賃がかかってしまいます。
エンジンを降ろさないで修理する場合で20000円ぐらい、おろすとなると50000円以上の費用が掛かってしまうでしょう。

 

雨でイグニッションコイルがやられる

 

点火系にもよくトラブルが発生します。
トラブル発生個所はイグニッションコイル、イグニッションコイルはスパークプラグに流す電気を作り出すところですが、この部分が劣化やエンジンの熱の影響からひびが入ってしまい、そこから雨水などが侵入することからショートやコイル内部の配線が腐食してしまうことによる断線が起こります。
この部分が壊れてしまえばスパークプラグに電気を流すことができなくなりますので当然ながらエンジンをかけることができませんし、走行中であれば突然エンジンが止まってしまいます。
筐体から先に壊れてしまい、中身は正常な状態であることが多いのですが、筐体が割れてしまったらどうすることもできませんのでイグニッションコイルごと交換となります。
工賃入れて20000円ぐらいの費用が掛かってしまうことでしょう。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

ハーレーダビッドソン XL1200CXでよくある故障と修理費用
XL1200CXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Rでよくある故障と修理費用
XL1200Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Cでよくある故障と修理費用
XL1200Cのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Xでよくある故障と修理費用
XL1200Xのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。