ハーレーダビッドソン XL1200CXでよくある故障と修理費用

ハーレーならあたりまえ、オイル漏れ

 

XL1200CXに特に多いということではありませんが、ハーレーダビッドソンのオートバイはとにかくエンジンオイル漏れ、エンジンオイルにじみを起こします。
ハーレーダビッドソンに乗っている方に言わせれば、それがさも当たり前かのように言いますが、漏れてはいけないものが漏れているのですから、それを正常とは言えません。
そもそもいまどき効率の悪いOHVを採用しているぐらいですのでモデルとしては新しくても基本的な設計はかなり昔から変わっていません。
それにアメリカ人特有の性質もあり、精密機械となるエンジンをきちんとくみ上げることができない、部品一つ一つが結構いい加減なつくりとなっているので逆に言えばエンジンオイルが漏れない方がおかしいのかもしれません。
エンジンからのエンジンオイル漏れ関連の修理は、ガスケットの交換ぐらいしか手の打ちようがありません。
ガスケットといっても一つではありません、ヘッドガスケット、シリンダーガスケット、ダービーカバー、インスペクションカバーなどカバー類などにもあるので、それによって修理の方法が変わってきます。
簡単な修理であれば、数百円のガスケットやパッキンなどを買って交換するだけで直りますし、ひどい状態ですとエンジンを降ろさなければならないので、50000円ぐらいの費用が掛かります。
そもそも本国ではオイルが漏れたらその分、継ぎ足せばいいという考えのもと作られているので、オイル漏れはハーレーダビッドソン社のオートバイにとって、トラブルではないのでしょう。

 

エンジンの振動で端子が緩む

 

それともう1つ、よくあるのがエンジンの振動による電気系トラブルです。
一番単純なのがバッテリーケーブルをバッテリー端子に固定するボルトの緩みです。
走行中いきなりヘッドライトが切れた、どこにも以上ないのにエンジンをかけることができない、こういった症状が出た場合は、ハーレーオーナーであればだれもがまず最初にバッテリー端子のゆるみを疑うほどトラブル事例が多い部分です。
XL1200CXのみならず、ハーレーのオートバイは振動が大きいのが特徴です。
大排気量でありながら、シリンダーが2つしかなく、それも挟角Vツインということでその振動たるや尋常はありません。
このモデルは約1200ccあるので、1気筒分のエンジン排気量は約600cc、600ccといえば軽自動車のエンジンと同じくらいの排気量となるので、その振動がすごいのも納得です。
もちろんハーレーを買うぐらいですから、そういったことを理解の上、買うのだと思いますが、その振動によってすべてのネジが緩みがちとなることは意外と意識していません。
細かい振動であればそう簡単には緩みませんが、ハンマーでたたかれたような振動を定期的に受けることになれば、ボルトをきちんと締めておかないと簡単に緩んでしまうのです。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

ハーレーダビッドソン FLH1200でよくある故障と修理費用
FLH1200のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Rでよくある故障と修理費用
XL1200Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Cでよくある故障と修理費用
XL1200Cのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Xでよくある故障と修理費用
XL1200Xのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。