ハーレーダビッドソン XL1200Xでよくある故障と修理費用

作りの悪だから起こるメーター故障

 

XL1200Xモデルではメーターのトラブルを抱える方が結構いるようです。
症状としては、走行中に突然スピードメーターが0を指したり、又正常なスピードを示したり、タコメーターの針が落ちたと思ったらまた元に戻ったり、オドメーターがカウントされなかったり、トリップメーターがリセットされたりといった意味不明な状態になります。
何にしても一番頼るところとなるメーターがこのような状態では、他に何もトラブルがなくてもおちおち走ってもいられません。
少し経つとその症状が全くでなくなる場合もあり、非常に不安定な症状を示すようになるというものです。
こういった動きをする場合、バッテリーの状態や配線の状態、あるいは各センサーの故障などを疑いますが、症状が非常に多岐にわたるものですので、そういったことは該当しません。
結論から言えばこの症状はメーター自体の故障で、交換するしか直す方法はないようです。
修理費用は純正メーターの部品代を含めて70000円程度となります。
デジタル式のメーターですのでちょっと高めです。

 

ガスケット抜けでオイル漏れが起こる

 

それからこのモデルでもエンジンオイル漏れが後を絶ちません。
特に多いのがロッカーカバーとシリンダーヘッドの間からのエンジンオイル漏れで、基本はガスケットの交換を行えば直ります。
しかし、アメリカの品質と大きな振動が常にかかっていることからガスケットを交換してもしばらくは大丈夫ですが、数千キロ走るとまた同じところから漏れてくるようになり、もはやどうすることもできないといった上他になります。
ただ、純正ガスケットにしても社外品のメタルガスケットにしても、そのガスケットだけでなく液体ガスケットもあわせて使うと効果が高いようで、次に漏れが発生するまでの期間をかなり伸ばすことができたり、それ以降漏れることが無くなったりするようです。
ハーレーはエンジンオイル漏れがあって当たり前などといわれていますが、漏れるよりは漏れない方がいいわけですので、あきらめずにいろいろと試した方がいいでしょう。
ただし、整備士は液体ガスケットをあまり使いたがりません。
なぜなら、次にガスケットを外すようなことがあるときに液体ガスケットをはがす作業が必要となるからです。
完全に密着した状態で付くことになる液体ガスケットははがすのがかなり大変でそれだけで1時間ぐらいかかってしまうこともあるようです。
液体ガスケット込みの修理でだいたい20000円ぐらいの費用が掛かります。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

ハーレーダビッドソン XL1200CXでよくある故障と修理費用
XL1200CXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン FLH1200でよくある故障と修理費用
FLH1200のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Rでよくある故障と修理費用
XL1200Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン XL1200Cでよくある故障と修理費用
XL1200Cのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。