ハーレーダビッドソン FLSTCでよくある故障と修理費用

アジャストボルトのゆるみでクラッチが切れなくなる

 

ヘリテイジは、ワイヤー式のクラッチが採用されており、クラッチプレートが減った時やワイヤーが延びた時などクラッチのミート位置がずれた時に調整することができるのですが、それを行ってもどんどんクラッチのミート位置がずれてしまい、しまいにはクラッチレバーをしっかり握ってもクラッチが切れなくなってしまうという故障が出ています。
ワイヤーの伸びにしては派手ですし、クラッチプレートもそう簡単には減りませんので明らかにクラッチ自体の故障です。
原因はアジャストボルト、クラッチを開けてみるとクラッチプレートなどを固定しているアジャストボルトが緩んでおり、クラッチプレートが固定されていない状態になっていることが多いようです。
要するにクラッチレバーを握った時にクラッチプレートだけがスライドするのではなく、それを固定しているクラッチシェル自体が移動してしまうということです。
これではクラッチが切れる訳がありません。
そして更にこの症状を持つ場合は、異音も一緒に発生していることが多く、その異音の原因もわかります。
ずれたクラッチシェルの外側についているスターターリングギヤ、スターターモーターのピニオンギヤと紙合わさる部分ですが、ここがずれたことによってプライマリーケースにぶつかっていたのです。
クラッチレバーを握るとガリガリという音がしたのはこれが原因です。
クラッチシェルを固定しているアジャストボルトはそう簡単に緩むものではないのですが、ハーレーならではの多き振動によって少しずつ緩んでしまい、それに気が付かなかったことからここまでひどい状態になってしまったのだと思われます。
やはりハーレーは増し締め点検をまめにしないといけないようです。
このトラブルにおける修理は干渉していたスターターリングギヤとプライマリーケースを交換することになります。
ボルトの増し締めをあわせてだいたい10000円ぐらいで直すことができるでしょう。

 

アンテナの断線でラジオが聴けない

 

それからこのモデルに標準装備されているラジオの受信感度が極端に悪くなるというトラブルも出ています。
ラジオの受信感度を左右するのはアンテナの性能ですが、このモデルでは走行距離が進むことによってラジオアンテナケーブルが切れてしまうことがあるようです。
やはりあの大きな振動には耐えられないのでしょう。
修理はラジオアンテナケーブルの交換を行うのですが、アンテナケーブルだけの交換ができず、アンテナごとそっくり交換することになります。
費用としては部品代は3000円ぐらいで済むのですが、取り回しが面倒なため、工賃含めたトータルで見ると15000円ぐらいの費用が掛かってしまいます。
やはりこういったいわゆる贅沢装備というものは故障しやすいようで、中にはラジオは聞かないということで取り外してしまう方もいるそうです。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

ハーレーダビッドソン FXSTC でよくある故障と修理費用
FXSTC のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン FLSTSBでよくある故障と修理費用
FLSTSBのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン FLSTFBでよくある故障と修理費用
FLSTFBのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン FXDWGでよくある故障と修理費用
FXDWGのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。