ハーレーダビッドソン FLSTFBでよくある故障と修理費用

定番、ロッカーカバーからのオイル漏れ

 

このFLSTFBでもやはりロッカーカバーとシリンダーヘッドの間からのエンジンオイル漏れはよく起きています。
この部分は燃焼質とは直接かかわりのない部分で、少しぐらい漏れていてもいいだろうという方がたくさんいますが、この部分はエンジンオイルが漏れていてはいけないところです。
その部分からエンジンオイルが漏れているのに、「ハーレーだから当たり前」とか「アメリカ製品だから当然」などといってはいけません。
漏れてはいけないところは漏れないようにするのが正しい考え方です。
この部分からエンジンオイル漏れがある場合、とりあえずはパッキンの交換を行います。
パッキンは劣化によって硬化してしまい、ロッカーカバーやシリンダーヘッドと密着することができなくなり、液体であるエンジンオイルをとめておくことができなくなります。
酷いものではクラック入って、そこからエンジンオイルが噴き出してくることもあるようです。
ただ、これで直ればはっきり言ってラッキーです。
ハーレーのエンジンではロッカーカバーやシリンダーヘッドの端面に作りが荒く、純正品でも波を打っていることがあったり、バリが出っぱなしになっていることがあるため、パッキンを買えただけでは直すことができないことがほとんどです。
ショップによってはパッキンが当たるところを研磨したり、リューターで削ったりして密着性を上げてから組み上げることもあるぐらいで、部品の質にもばらつきがあるようで、全く漏れないものは数万キロに1回程度のパッキン交換で済みますが、頻繁に漏れるものはパッキンを交換しても数千キロでまた漏れ始めるという偏って症状が出ることが多くなっています。
通常は5000円ぐらいでパッキンの交換をしますが、頻繁の漏れる場合はロッカーカバーやシリンダーヘッドを交換しなければ直らないというものもあり、そうなってしまうと高い場合で60000万円以上の費用が掛かってしまうこともあるようです。

 

発電機の故障で機能停止

 

それから発電機の故障もよく聞くトラブルです。
症状としてはエンジン始動困難ということで、エンジンをかけようとしたらスターターモーターがうんともすんとも言わないということでトラブルの気が付くことになります。
発電機の故障で多いのが劣化によるもので、ステーターコイルの溶断という形で現れます。
分解してみるとステーターコイルは黒く焦げてボロボロ、その破片が周りのマグネットにもこびりついてしまっている状態で、レギュレターにつながるケーブルからカプラーまでかなりひどい状態になることもあるようです。
この状態になってしまったらステーターコイルとマグネットを一式交換しなければなりません。
費用は工賃含めて50000円ぐらい、更にレギュレターにも被害が広がっている場合はプラス20000円ぐらいの費用が掛かります。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

ハーレーダビッドソン FXSTC でよくある故障と修理費用
FXSTC のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン FLSTSBでよくある故障と修理費用
FLSTSBのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン FLSTCでよくある故障と修理費用
FLSTCのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ハーレーダビッドソン FXDWGでよくある故障と修理費用
FXDWGのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。