ハーレーダビッドソン XL883Nでよくある故障と修理費用

センサー故障でリンプバックモード

 

走っている時に突然スピードダウンしてしまい、それ以降アクセルをどうひねろうがスロットル操作が全く効かなくなり、アイドリング状態を保ったままになってしまうXL883Nが多いと聞きます。
この症状は、システムの安全機能によるもので、リンプバックモードといった状態に自動的に切り替わる事よって怒るようです。
このモードはスロットル関連のセンサーなどに異常が出た時になるモードで、スロットル関連のトラブルで暴走をしたりしないようにする1つの安全装置として付けられているものです。
スロットル関連のトラブルというとスロットルボディにつけられているスロットルポジションセンサーの故障を疑いたくなりますが、このモデルではツイストグリップセンサーという、アクセルがどれくらいねじられているかということを拾うセンサーの故障によってリンプバックモードに切り替わることが多くなっています。
このセンサーはアクセルグリップの内部に入れられた形で付けられており、転倒やハンドルに強い衝撃を与えた時によく壊れるようです
修理はこのセンサーを交換することで行いますが、グリップを外したりと少々面倒な作業が伴いますので、工賃含めて30000円から40000円ぐらいの費用が掛かります。

 

ハーレーの定番、スタータークラッチの故障

 

それからよく聞くのがスターターのワンウェイクラッチの故障です。
大排気量エンジンを搭載しているためにエンジンをかける時にどうしても大きな力が必要になり、スターターモーターもパワーのあるものが使われています。
その大トルクを受け止める部品の一つがワンウェイクラッチで、スターターモーターからのトルクは伝えるがその逆は伝えないといった構造になっています。
このワンウェイクラッチには可動部分があるため、どうしてもその部分が摩耗していき、時に異常な動きをすることになります。
症状としては最初は音だけ、スタータースイッチを押すとスターターモーター周りからカキン!といった派手な金属音が聞こえてきます。
さらに続けるとその金属音が大きくなっていき、エンジンスタートが難しくなります。
ここまで来たらすぐに修理を行った方がいいでしょう。
修理はワンウェイクラッチの交換を行い、費用として部品代で40000円ぐらい、工賃で20000円ぐらい、合計で60000円ぐらいの費用がかかる事でしょう。
部品代は社外品を使うことで20000円ぐらいに抑えることができますが、中国製の安いものを使うとまたすぐに壊れてしまうことになりますので、避けた方がいいでしょう。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

ハーレーダビッドソン XL883Rでよくある故障と修理費用
XL883Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。