XL1000V バラデロでよくある故障と修理費用

カムチェーンテンショナーの故障で異音が出る

 

大排気量Vツインエンジンを搭載したバラデロでも他のホンダ車のようにカムチェーンテンショナーのトラブルはすこぶる多いようです。
走行中にちょっとにぎやかなエンジン音と同時に、カタカタといい始めたと思ったら、その音がガラガラに変わり、次第にその音と同時に振動まで伝わるようになってしまった・・・この症状は持病とも言ってカムチェーンテンショナーが折れてしまって、カムチェーンの張りを調整できず、ケース内でチェーンが大暴れしている状態を表します。
異音程度で済めばいいですが、ひどくなるとカムチェーンがカムスプロケットから外れ、バルブとピストンが干渉したり、緩んだカムチェーンによってケース内部が削り取られて穴が開いてしまうこともあります。
カムチェーンが外れていないの様であれば、10000円ぐらい新品に交換することで直すことができます。
工賃も数千円でしょう。
しかし、カムチェーンが外れ、バルブやピストンにも損傷が出た場合はその修理費用は20万円を下りません。
そして更にクランクケースの交換ともなると50万円ぐらいの費用が掛かります。
異音がしたら無理をしないですぐにエンジンを止めて、レッカー移動を待った方がいいと思います。

 

ラジエーターホースからの冷却水漏れ

 

それからこのモデルは最近のオートバイ同様に水冷式エンジンが搭載されており、エンジンの前には大きなラジエーターが付けられているのですが、そのラジエーターとエンジンを繋ぐ形で付けられているラジエーターホースから冷却水が漏れることがよくあるそうです。
漏れる場所はエンジン側のホースバンドの部分でどうやら締め付ける力が弱いようです。
といっても対策品が出ているわけではなく、同じホースバンドを付けるわけですが、社外品にきょうかひんがでているのでそれを使うことで漏れにくくなるようです。
修理費用は部品代として数百円と工賃もわずかです。
ホースバンドを手に入れることができたら自分で行うこともできますが、冷却水を一度抜かなければなりませんので、冷却水の交換も同時にやるといいでしょう。
冷却水の交換は古いものを抜いて新しいものを入れるだけでなく、エア抜きという作業も行わなければなりませんので、少し手間と時間がかかります。
整備工場に持ち込んでも冷却水の交換をすすめられると思いますが、ついでだからやってもらうとよいかと思います。
冷却水交換を合わせても10000円はかかりませんので、メンテナンスの1つだと思って思い切って行いましょう。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

VTR1000SP-Iでよくある故障と修理費用
VTR1000SP-Iのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
VTR1000SP-IIでよくある故障と修理費用
VTR1000SP-IIのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
VTR1000F でよくある故障と修理費用
VTR1000F のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
VF1000Rでよくある故障と修理費用
VF1000Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
GL1000でよくある故障と修理費用
GL1000のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CRF1000L Africa Twinでよくある故障と修理費用
CRF1000L Africa Twinのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CRF1000L Africa Twin DCTでよくある故障と修理費用
CRF1000L Africa Twin DCTのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBX1000でよくある故障と修理費用
CBX1000のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBR1000RRでよくある故障と修理費用
CBR1000RRのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBR1000F でよくある故障と修理費用
CBR1000F のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBF1000でよくある故障と修理費用
CBF1000のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1000Super Four T2でよくある故障と修理費用
CB1000Super Four T2のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1000Super Fourでよくある故障と修理費用
CB1000Super Fourのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1000Rでよくある故障と修理費用
CB1000Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。