CB1100 タイプIIでよくある故障と修理費用

このモデルで初期ごろのものとなるとそろそろエンジンにいろいろな症状が出てくるころです。
特にエンジン排気量が大きいので顕著に出ることでしょう。

 

劣化とクラックによるエンジンオイル漏れ

 

注意したいのがエンジンオイル漏れです。
よくあるのはシリンダーブロックとシリンダーヘッドの間から、そっれとヘッドカバーとシリンダーヘッドの間からのエンジンオイル漏れで、この部分は修理の件数が特に多くなっています。
どちらも部品と部品の間のガスケットの劣化によって柔軟性をなくし、密着性をなくしたり、亀裂が入ってしまうことから起こります。
修理は一度エンジンを分解してガスケットを交換、そしてまた組み付けるといった形で行いますので、部品代としては数千円のガスケット代だけとなりますが、エンジンをばらすために時間がかかるため、工賃がかなりかかり、安くても30000円以上はかかる事でしょう。
ただ、基本的にはそれを行えば見事にエンジンオイル漏れは直ってしまいますので、精神的には安いと感じるかもしれません。
ただ、シリンダーブロックとシリンダーヘッドの間からのオイル漏れはそれで直ることが多いのですが、シリンダーヘッドとヘッドカバーの間のオイル漏れはこれだけでは直らないことがよくあります。
その原因はヘッドカバーのクラックです。
ヘッドカバーをシリンダーヘッドに固定しているのは数本のボルトですが、そのボルトの締め付けトルクを間違えて、必要以上に強く締めてしまうとヘッドカバー側のボルトの穴からクラックが入ってしまうのです。
ホンダの大排気量エンジンではよくあることなのだそうですが、中古バイクなどを買って過去の修理歴などがわからない場合は要注意です。
こういったクラックは当然ですが、新車の状態では絶対に入っていないもので、クラックが入っているものとすれば、過去に一度でもヘッドカバーを取り外したり、シリンダーヘッドを分解したことがあるものです。
その時に修理の仕方が悪く、ボルトの締め付けトルク管理が甘いとクラックが入ったまま組つけられてしまうので、後にエンジンオイル漏れが発生してしまうわけです。
ヘッドカバーにクラック入った場合は基本的に修復はできず、部品の交換で対応します。
中には溶接をして直してしまうという方もいるようですが、また同じ部分にクラックが入ってしまうことになりますのであまりおすすめはできません。
ヘッドカバーの部品代とその交換工賃で25000円以上の費用が掛かります。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

X11でよくある故障と修理費用
X11のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBR1100XXでよくある故障と修理費用
CBR1100XXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1100 タイプIでよくある故障と修理費用
CB1100 タイプIのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1100Rでよくある故障と修理費用
CB1100Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1100Fでよくある故障と修理費用
CB1100Fのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1100EXでよくある故障と修理費用
CB1100EXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CB1100でよくある故障と修理費用
CB1100のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。