ワルキューレでよくある故障と修理費用

ノックセンサー異常によるエンジン不調

 

ホンダのオートバイにはキャブレターに代わってインジェクションシステムが搭載されています。
本題ではPGM FIと呼ぶのですが、このシステムどういうわけかこのワルキューレのみならずトラブルが多く出ています。
そもそも、ホンダの自動車に搭載されたものをオートバイに搭載した形で作られているので、自動車では出ないトラブルも振動が多く、転倒することが多いオートバイでは電子部品ゆえ、そういったものに耐えられないのでしょう。
ワルキューレでよく出るPGM FI関連のトラブルとしてあるのが各センサーの故障による誤作動です。
急にエンジン回転数がばらつく、アイドリングをたもっていることができなくなる、エンジンスタートができる時と全くできない時があるといったような症状を示すことが多いようです。
このトラブルの原因の一つとなるのがノックセンサー故障です。
ノックセンサーはシリンダーブロックの異常振動を検知して、シリンダーでノッキングがおきているのか、いないのかを判断するセンサーで、ノッキングの状態を見て、点火タイミングや燃料噴射量を調整するために使われます。
この部分が壊れてしまうと常にノッキングが起きている状態、あるいは何をしてもノッキング起きない状態と判断してしまい、間違った信号をECUが送ってしまうわけです。
それによってまともなエンジン回転を保つことができなくなり、それによって不具合が出てしまいます。
修理はノックセンサーという電子部品を交換することで行います。
作業としては古いノックセンサーを取り除き、新しいノックセンサーを付けるだけ、ボルトオンですし、配線もカプラーの取り外しだけですから簡単です。
部品代として5000円となりますが、自分で交換するときはたったこれだけ、修理をお願いすると工賃として3000円以上の費用が掛かることになります。

 

スターターリレーの溶断

 

それともう1つ、これもホンダのモデル全体言えることなのですが、スターターリレーの溶断というトラブルがよく出ています。
これはエンジンをスタートするために付けられているスターターモーターに電気のオンオフを伝えるリレーなのですが、付けられているところが熱がたまるところらしく、それによってスターターリレー自体もそうですが、それよりも先にそのスターターリレーにつながる配線の樹脂コネクターが溶けてしまい、接触不良を起こすことがあります。
修理はただ単にコネクターを変えるだけですので、数百円のコネクターを買ってきて自分で配線しなおせばすぐに直すことができます。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

GL1500でよくある故障と修理費用
GL1500のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。