修理するより売ったほうが得するかも・・・・

150cc記事一覧

エンジンの異音はカムチェーンテンショナーが原因気軽に乗れるスクーターとして作られているPCX150ではその気軽さゆえにメンテナンスの悪さからくるトラブルが多く出ています。その一つがこういった症状、エンジンをかけるとエンジンからガチャガチャとかカリカリといった音が聞こえてくるというものです。この音はエンジン回転数と共に大きくなったり小さくなったり、稀に音が止まったりするようで、走行スピードによる変化...

PCX150はアイドリングストップが効かない理由PCX150には自動車のごとくアイドリングストップ機構が付けられていますが、時折そのアイドリングストップが機能しないことがあります。アイドリングストップは、エンジン回転数がアイドリング状態であること、バッテリーに余裕があることという二つの最低条件が重なった時に発動することになりますので、バッテリーが弱っている状態ですとスイッチをオンしてもアイドリング...

ドライブスプロケットの摩耗が激しいCRF150RIIは本来は公道用のモデルではなく、モトクロス競技のために作られたコンペティションモデルです。当然ながら保安部品となるヘッドライトやウィンカーなどといった灯火類やスピードメーター、ナンバープレート用の台座など一切つけられていません。もちろん法律上でも公道を走るオートバイとして認められていないのですが、いくつかの部品を後付けして公道を走ることができるよ...

エンジンストールはプラグコードの抜け東南アジア、特にタイ向けにタイで生産されていたCBR150R、日本では正規販売はされておらず、事実上並行輸入車として販売されていました。全てにおいてタイ人にあわせたつくりとなっているため、日本人の好みに合わない部分が多々ありますが、タイ人が好む細見の作りは日本でも女性ライダーなどに受け入れられていました。ホンダといっても生産国はタイということで、同じホンダのモデ...

ステムベアリングのガタは組み付け不良150ccクラスのオートバイは日本で乗られることがあっても正規で販売されることがないものがほとんどです。このCB150Rも日本で販売はされておらずインドにあるホンダで東南アジア向けに作られているモデルです。インド製のオートバイは中国製、タイ製に並んでいろいろ品質に問題があることが多く、その多くは設計ではなく製造工程で生み出されることとなります。要するに生産時のク...