修理するより売ったほうが得するかも・・・・

600cc記事一覧

センサー故障でアイドリングが不安定になるCBR600RRでは、アイドリングの不調を訴える方が多いようです。アイドリングの不調といってもタコメーターの針がふらふらするだけでなく、1気筒が死んでいる状態になることもあるようです。これはホンダとしても理解不能なようで、専用端末でログをチェックすると、1気筒分の点火信号と燃料噴射信号が出ない時があるようです。現状では確実に直す手段はないようで、ある程度エン...

エンジンが回らなくなる燃料ポンプの故障スティードはキャブレター式の燃料供給装置を持っていますが、ガソリンタンクとエンジンのレイアウトの関係上、燃料ポンプを持っています。負圧式や落下式では十分に燃料を供給することができないということなのですが、その燃料ポンプが良く壊れるそうです。キャブレター式にオートバイの燃料ポンプはインジェクション式と違って、高い燃圧を必要とせず、それだけ負担が軽くて済むのですが...

直る可能性もあるが修理費用が高額になる原因不明の故障シルバーウイングGT600では原因不明のトラブルが出ているようです。まず症状ですが、この症状自体も一貫性がなく、結果としてはメーター内にあるECUの制御系のトラブルを警告するFI警告灯が点灯するというものですが、それに至るのにいろいろなパターンがあります。高速道路を流している時、大きく傾けてコーナーを曲がっている時、信号待ちをしている時、少しアク...

配線はずれで電装系全滅ホンダのバイクは電装系に脆弱性を持つなどといわれていますがこの故障もそのうちの一つとなります。症状としては停止状態からスタートしようとした時に、突然タコメーターやスピードメーターの針が0になってしまい、警告灯もすべて消えてしまったと思ったらエンジンまで停止してしまうといった有様、急いでスタータースイッチを押してもスターターモーターすら回らない状態で、どうすることもできないとい...

パーコレーションとインシュレーターの劣化でエンジン始動ができない大型バイクにしてはコンパクトなボディを持つホーネットSでは、エンジンが始動できないというトラブルがあります。そういったトラブルはどんなオートバイでも起こることですが、ホーネットSではこのオートバイならでは原因があるのです。比較的小さなダイアモンドフレームに600ccの直列4気筒エンジンを搭載したこのモデルはエンジン周りがかなり混みいっ...

ECUデータのバグによる燃料カットこのCBR600RRに出ているトラブルも全くもって不思議なものです。症状としては、走行中にいきなりパワー不足を感じたため、チェックしてみたところ、一番外側のシリンダーから延びているエキゾーストマニホールドに熱をあまり感じない、全く熱を感じないというわけではないので、完全にそのシリンダーが死んでいるわけではなさそうです。走ってみると最初はちゃんとパワフルに走るのに、...

カムチェーンテンショナーの故障でエンジン内部を削るこれはある意味でCBR600Fの持病といっていいものです。症状はエンジン起動時にエンジンから聞こえてくるガラガラ音です。ガラガラ音といえば、詳しい方であればすぐにわかるかと思いますが、カムチェーンの音です。このモデルに搭載されているエンジンは直列4気筒DOHCエンジンでカムシャフトが2本、シリンダーヘッド内につけられています。カムシャフトがバルブを...

劣化によるオイル上りCBF600Sに搭載されているエンジンではよくオイル上りを起こすようです。オイル上りとはクランクケース内にあるエンジンオイルがピストンとシリンダーの内壁の隙間を擦りぬけてシリンダー内部に入り込んでくる現象で、オイルがシリンダー内に入り混合気と一緒に燃焼されてしまうことから、排気ガスが真っ白になり、オイルの臭いが混ざった臭い排気ガスを吐き出すようになります。同じような症状にクラン...