シルバーウイングGT600でよくある故障と修理費用

直る可能性もあるが修理費用が高額になる原因不明の故障

 

シルバーウイングGT600では原因不明のトラブルが出ているようです。
まず症状ですが、この症状自体も一貫性がなく、結果としてはメーター内にあるECUの制御系のトラブルを警告するFI警告灯が点灯するというものですが、それに至るのにいろいろなパターンがあります。
高速道路を流している時、大きく傾けてコーナーを曲がっている時、信号待ちをしている時、少しアクセルをあおった時など、共通点がないのです。
しいて言えばエンジンがかかっている時といったぐらいでそれ以外は同じ環境がないのです。
こうなると原因を探るのが大変です。
整備工場で一応、エラーコードを調べてみるとどうやらインジェクションの故障であるようですが、いろいろ調べても燃料ポンプも故障していない、インジェクターもつまりはないし、バルブも正常に機能しているので問題なし、スロットルボディも動きが悪いわけでもないですし、インテークに亀裂や穴が開いているわけでもない、フューエルレギュレターの正常動作をしているので一切問題がありません。
なのに、この症状が出るようです
整備工場ではエラーコードに従って、とりあえずインジェクション周りの部品をすべて交換して直す形をとりますが、それでも同じ症状が出ることになるようです。
こういった場合、残る可能性はECUかそのECUと各センサーにつながるハーネスの問題です。
そうなるとかなりに修理費用がかかる事になります。
ECUはマイクロコンピューターですので部品単体の値段も20万円ぐらい、そしてそれを交換するとなるとポン付けではすまず、いろいろと設定をしなければならないので、それにまた20000円ぐらいに費用が掛かります。
それからハーネスですが、ハーネスも安い部品ではなく、部品代として60000円以上もします。
そしてまた大変なのがその交換作業です。
とにかくこういったハーネスはオートバイのいたるところに張り巡らされているので、取り外すだけでも大変な作業で、もちろん壊れていない部分も取り外してすべての取り回しを変更しなければなりませんので、工賃も30000円以上かかります。
トータルで30万円オーバー、これで直るかどうかわかりませんので、果たしてこれだけのお金をかけて直していいものかどうか、皆さん悩んでいるようです。
やはりこういったトラブルが出てしまうと売ってしまうのでしょうか。
そうなると逆に中古バイクがこういった症状を持ったものが含まれているということにもなります。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

ホンダ CBR600RRでよくある故障と修理費用
CBR600RRのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スティード600でよくある故障と修理費用
スティード600のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
HORNET600 でよくある故障と修理費用
HORNET600 のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
HORNET Sでよくある故障と修理費用
HORNET Sのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBR600RRでよくある故障と修理費用
CBR600RRのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBR600Fでよくある故障と修理費用
CBR600Fのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CBF600Sでよくある故障と修理費用
CBF600Sのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。