修理するより売ったほうが得するかも・・・・

700cc記事一覧

シフトドラムセンターボルトが折れて変速できなくなるNC700X以外でもDCTが搭載されているモデルでは何かとDCTがらみのトラブルが付きまといます。よくあるのが、一定のギヤで固定されてしまうとか、エンジンスタート時にギヤが入りっぱなしになっているため、安全装置が機能してスターターモーターが回らないなどといったようなものが多く出ています。しかし、それらすべての故障が解決されているわけではなく、中には...

フューエルカットリレーの故障で燃料ポンプが動かないNC700XにはPGM-FIというインジェクション式燃料供給装置が付けられていますがインジェクションになくてはならないのが燃料ポンプです。インジェクション式は、燃料ポンプで作った燃圧を利用して、インジェクターという霧吹きから燃料を噴射することで混合気をつくるものですので、燃圧というものは非常に重要なものとなるわけです。しかし、このモデルではその燃料...

シフトドラムセンサーの故障で変速不能NC700SでもやはりDCTのトラブルが出ています。ここまでいろいろなDCTモデルにDCTがらみのトラブルがたくさん出ているのであれば、まだまだ市販車に搭載するほどの完成度ではないということが言えるわけですから、発売を一時的にも中止してもう一度設計のし直しをした方がいいと思います。それでも売り続けるホンダ、フィットであれだけ叩かれたのに懲りないメーカーです。さて...

電源管理の悪さがバッテリー上がりを招くNC700Sでは意味不明のバッテリー上がりが発生します。状況としては、久々にエンジンをかけようとした時にメーターの電気はつかないし、スターターモーターも一切回らないといった状態となっており、バッテリーの電圧を測ったら余裕で12ボルトを下回っていた、要するにバッテリー上がりを起こしていたというものです。いろいろ調べてみてもバッテリーは新品、発電機も全く問題ない、...

スターターマグネチックスイッチの接触不良で火災になるかもCTX700Nは意外と大きなトラブルはなく、どのモデルにでもありそうなちょっとした故障しかないようですが、リコールは出てしまいました。このリコールはこのモデルだけでなく同じ部品を使ったモデル全てにおいてなのですが、症状としてはエンジンの始動不能、突然のエンジンストップ、そして何よりも怖い車両火災です。これまで車両火災になりかけた例が一見報告さ...