修理するより売ったほうが得するかも・・・・

750cc記事一覧

DCTのトラブルが多いNC750SのDCTモデルで一番多いトラブルはやはりDCTです。DCTとはマニュアルトランスミッションとクラッチの組み合わせを2つ持ったもので、奇数段、偶数段に分けて制御し、その2つのものをクラッチのつなぎ方で切り替えながら変速動作を行うといったものです。自動車の世界ではだいぶ浸透してきていますが、オートバイの中ではまだまだ少数派です。実はこのDCTというものは自動車の世界で...

鍵が開かない、トリップメーターの誤作動はサービスキャンペーンNC750X タイプLDで非常に多く聞くのが、シートやラゲッジスペースの鍵が開かなくなるというものとトリップメーターが狂うというものです。鍵が開かなくなるものはキーシリンダー部のグリスアップが足らず、動きが渋くなり、その時に力を入れてキーを回そうとすることによって内部が破損、キーを入れても空回りしてしまうというものです。特にシートが開かな...

転倒時エンジン停止センサーの不具合でエンジン停止これは既にリコールとして届け出がされているものなのですがシャドウ750では、転倒時エンジン停止センサーの不具合が出ています。転倒時エンジン停止センサーというのは、フレームのナックル部につけられている一種の振動センサーで、転倒など大きな衝撃を検知するとエンジン制御の電気系をカットするいわゆるブレーカーみたいなものです。これによって転倒時にガソリンが漏れ...

振動でバッテリー端子が外れるシャドウファントム750のような大排気量Vツインエンジンでよくある非常に単純なトラブルにこういったものがあります。まず症状ですが、走行中に突然メーター内にある警告灯がついたり消えたり、エンジンも息継ぎをするような感じで、まるでガス欠を起こして何とか走っているような状態になるといったものです。もちろんガソリンは十分に入っているし、エンジンをスタートさせた時もスターターモー...

スロットルポジションセンサーの破損シャドウスラッシャー750である程度の距離を走破したモデルのよく出るのが、エンジンの不調です。エンジン回転数のばらつき、アイドリングの不安定、アイドリングの回転数が高くなる、アクセルを開けてもエンジン回転数が上がらない、まるでレブリミッターが効いた時みたいに一定の回転数以上に上がらないなどといた症状が出ます。こういった症状が出る場合は、いろいろな部分に故障の可能性...

ドライブシャフトの変形で異音発生シャドウ750は、駆動系としてシャフトドライブ形式が採用されています。通常では2枚のスプロケットとチェーンでエンジンの回転をリヤタイヤに伝える構造が取られていますが、シャドウ750では複数枚のギヤを介して太いシャフトを回すことで後輪を回すようになっています。シャフトドライブのいいところはチェーンのように定期的に伸びをチェックしたり、それによる調整、挙句の果てには交換...

電圧不足でDCTが誤作動を起こすインテグラといっても、車ではなくオートバイのほうですがこのインテグラにはDCTが搭載されているのですが、そこに難解なトラブルが出ることがあるようです。症状としては、エンジンを変えようとイグニッションを入れるとギヤポジション表示が1速となっており、Nモードに切り替えようとしてもDモードのまま、当然ですがスターターモーターは回りませんが、その時にギヤポジション表示に「−...

構造的に問題がある燃料ポンプアフリカツインでは走行中に突然エンジンが止まってしまうというトラブルが出ているようです。その症状が出たもののほとんどがそれ以前から時々おかしなことが起こっていたようで、アクセルを開けても加速しない、アイドリングが安定しない、エンジン回転数がある一定の回転数以上にならないといった不具合が出ますが、偶然なのかまたすぐに普通の戻って走ることができるようになるということを繰り返...

リヤブレーキの鳴きクラシカルなデザインを持つクルーザーモデルとして作られているVT750Sですが、このモデルは意外とトラブルが少なく、故障事例もあまりないのですが、このオートバイの作りによる故障とまではいきませんが、不具合はそこそこ出ているようです。よく言われるのがリヤブレーキの鳴きです。このモデルはフロントにシングルディスク、リヤにリーディング・トレーリング式、いわゆるドラムブレーキが使われてい...

ステーターコイルの断線による発電不良これはVFR750Rというか、ホンダが作る大型モデル全体の持病といっていいものなのですが、発電機が壊れて充電不能状態になることが多いようです。VFR750Rには交流発電機が付けられており、それをレギュレターで直流化して使っているわけですが、その発電機の中に付けられているジェネレーターコイルが電気抵抗によって燃えてしまい、断線することによって発電機としての機能をす...

レギュレートレクチファイアの異常でバッテリーが爆発?VFR750Fで起こりうるちょっと怖いトラブルです。走っていたら車体のあちこちから白い煙が上がるというものです。オートバイから白い煙が上がったら相当怖い思いをするでしょうし、それこそ爆発してしまうのではないかと思ってもしまいます。でも、安心してください、この白い煙の正体は、バッテリーです。バッテリーのトラブルにはいろいろなものがあります。よくある...

ホンダのオートバイは点火系を発電機からとるのではなく、バッテリーからとるような構造になっているものが多く、そのため、バッテリーの状態が悪いことからエンジンをかけることができない、突然止まってしまうといったトラブルに波及してしまうことがよくあります。しかし、バッテリーの状態を悪くするのは、必ずしもバッテリーの劣化だけでなく、充電系の故障によって、充電量の不足からくることの方が多いのです。オートバイの...

非常に変わったデザインを持つNM04-01、このデザインはきっと好き嫌いが分かれることでしょう。ただ、中身は正真正銘の大型オートバイであるため、よく出るトラブルはごく普通のものが多いようです。とは言ってもこのモデルにはDCTという二輪車としてはちょっと特殊なトランスミッションが搭載されているので、普通のトラブルというよりはDCTのトラブルといった方がいいかと思います。DCTの制御ミスでエンジンスト...

何処もかしこもカバーで覆われたちょっと奇妙なデザインが取られているNM4-02ですが、このデザインが時に故障を生み出すことがあります。熱で燃料ポンプの劣化が早まるその一つが燃料ポンプの故障です。NM4-02はインジェクション式の燃料供給装置が付けられているのですが、インジェクションはキャブレター式のように受動的な燃料供給方法をとるのではなく、自らが燃料を噴射するといった能動的な燃料供給を行うシステ...

DCTでDモードに入らないDCTというトランスミッションは正常に動いていればこれほど楽なものはないと思うほど、優れたトランスミッションですが、あまりにもトラブルが多すぎて困ります。NC750XにもDCTモデルがあるのですが、このモデルでも変速トラブルが起きています。自動車ではセンターコンソールの部分にあるセレクターレバーを動かしてDレンジに入れて走り出しますが、二輪車の場合はハンドルスイッチにある...

点検でABSが機能しなくなるNC750Xシリーズで突如ABS機能が停止するというトラブルに悩んでいる方が多いようです。ABSはアンチロックブレーキシステムで、ブレーキング時にタイヤのロックを防ぐためにつけられています。タイヤの回転数をチェックし、スピードとタイヤの回転数を比較して、ロックしそうな状態と判断するとブレーキオイルの油圧を制御して、ブレーキの効きを一瞬弱めてロックを未然に防ぎます。オート...

盗難防止装置の不具合でエンジンがかからなくなるNC750SにはHISSという盗難防止装置がついていますが、そのHISSによるエンジン始動不能というトラブルがよくあるようです。HISSというのは、自動車の世界では当たり前となっている一つのセキュリティシステムで、決まったキーを使わないとエンジンをかけることができないようにするシステムで、いわゆるイモビライザーと呼ばれるものです。HISSのシステムは、...

キーシリンダーの故障でエンジンがかからない古い時代のホンダのアメリカンバイクのMAGNA、年式的にも古いのでそういった意味でいろいろなトラブルが出ています。その中の一つとなるトラブルに、キーをキーシリンダーに差し込んで回してもメーターの警告灯が一切点灯しない、要するに電気がこないというトラブルです。もちろんスタータースイッチを押してもうんともすんとも言いません。電気が来ないという時はとりあえずバッ...

パッキンの劣化による燃料コックからのガソリン漏れ新しいうちはあまり出ないトラブルもCBX750ボルドールぐらいの古いモデルとなると多々出ることになります。そういったトラブルの一つが燃料系のトラブルです。燃料系のトラブルというとキャブレター式のこのモデルではキャブレターがどうのこうのとか、フロートがどうのといったことではなく、燃料タンクにつけられている燃料コックの部分です。燃料コックは要するに燃料タ...

イグナイター故障で加速不良750ccオーバーのモデルの発売が許されていなかった時代のCB750シリーズ、その中の特別なアメリカンモデルとして発売されたカスタムエクスクルーシブでは古さゆえのトラブルが出やすくなっています。その一つがイグナイターの故障です。イグナイターとは、点火系の一つの部品で一次電流という高電圧の電流を生み出し、それをイグニッションコイルの送るといった役割を持ちます。この部分が壊れ...

エンジン熱によってガスケットが抜けてしまう1979年に発売されたCB750Kでは年式的にいろいろなトラブルが起きています。ただ、逆に言えばここまで古いモデルに乗っているのであれば、むしろそれが当たり前として受け止めて、それをも楽しむぐらいの気持ちでいないと維持できないでしょう。うれしいことにこのモデルには丈夫なエンジンが搭載されているので、エンジン本体の故障やトラブルは少ないでしょう。場合によって...

カウンターシャフトの摩耗からオイル漏れが起こるCB750シリーズの中でCB750K以上の販売台数を持つ大ヒット作となったCB750Fも人気は今でも高いものの、やはり古さに勝つことができません。エンジンは単純な構造の空冷式ですので壊れることがあまりなく、丈夫なエンジンといえるものなのですが、やはり熱による劣化、年式的な劣化などによってオイル漏れを起こすものが多くなっています。シリンダーブロック周りか...

日本の二輪界にナナハンブームを巻き起こしたのがこのCB750Fourです。今でもエンスージアストには大人気でこのCB750Fourだけのリビルトショップができるぐらいです。しかし、このモデルが発売されたのは1969年、今から50年近く前のことで、一番新しいモデルでも1979年式といったすべてのモデルにおいて、かなりの古さを感じるようになり、車体の耐久性、部品の耐久性のも著しく低下していることからリ...

シフトフォークの摩耗と変形で変速ができない排ガス規制に勝つことができなかったCB750ですが、中古バイク市場ではいまだ健在です。このモデルはCBX750とほぼ同じようなモデルですので、発売当時からある程度のトラブルはつぶされていたのですが、それでもCBX750同様にどうしても出やすい故障というものがあります。その一つとなるのがトランスミッションの変速トラブルです。エンジンなどは普通にかかり、走りに...