修理するより売ったほうが得するかも・・・・

80cc記事一覧

オイル管理ができていないとカムスプロケットが偏摩耗するXLR250Rの小型バージョンとして作られていたXLR80R、小さい割にはXLR250Rにもひけを取らないほどの元気走りができるということで今での人気となっているモデルです。このモデルでよくあるトラブルがエンジンから異音がするというものです。音の質は、どちらかというと継続的な音ではなく、エンジンの回転数に応じて断続的に続く、ギュンギュンといった...

オイル吐出量調整ができないとエンジンが焼き付く2ストロークエンジンを搭載したレーサーレプリカが人気となっていた1980年代中盤に、NSRシリーズのコンパクトモデルとして発売されたのがNSR80です。80ccと小さなエンジンを搭載する割には2ストロークエンジン特有のパンチのある走りができたことから、当時はかなりの人気となっていました。こういったモデルはもう2度とお目にかかることはないでしょう。現在の...

オイルタンクのキャップが溶ける2ストロークエンジンを搭載した本格モトクロスモデルのCRM80、性能の高さから競技に使っている方も結構いるらしく、今でも中古バイクとしての需要は高いようです。何しろいくらお金があって2ストロークエンジンモデルを新車で買うことができない世の中ですので、とても貴重なモデルだと思います。2ストロークエンジンモデルの最大のメリットはパンチのあるエンジンパワー、絶対的なパワース...