CRM80でよくある故障と修理費用

オイルタンクのキャップが溶ける

 

2ストロークエンジンを搭載した本格モトクロスモデルのCRM80、性能の高さから競技に使っている方も結構いるらしく、今でも中古バイクとしての需要は高いようです。
何しろいくらお金があって2ストロークエンジンモデルを新車で買うことができない世の中ですので、とても貴重なモデルだと思います。
2ストロークエンジンモデルの最大のメリットはパンチのあるエンジンパワー、絶対的なパワースペックはそれほど高くはありませんが、瞬時に吹き上がる特性は4ストロークエンジンにはまねはできません。
その秘密はクランクシャフト1回転に1回の燃焼行程がある事、4ストロークエンジンはクランクシャフト2回転につき1回の燃焼行程ということになりますので、1回転にかかるトルクは4ストロークエンジンの倍、エンジン回転数は上がりませんが、トルクフルな走りができるわけです。
ただ、2ストロークエンジンは4ストロークエンジンと根本的な構造が違うために、扱い方も違います。
4ストロークエンジンでは、エンジンオイルとトランスミッションオイルの2つを兼ねたオイルを入れておけばそれでOKなのですが、2ストロークエンジンでは、混合気に混ぜるための2ストオイルとトランスミッションオイルの2つが必要となります。
2ストオイルが混合気に混じてクランクケース内やピストン、シリンダー内部を潤滑、そして混合気と共に燃やされてしまうのでマフラーから排気ガスとして出ていく形をとる、実はこれが現在2ストロークエンジンを搭載したモデルを作れなくなってしまった原因でもありますが、2ストロークエンジンにとって、2ストオイルはガソリンと同じように随時、補給をしていかなければならないものです。
ですので、CRM80のような2ストロークエンジンモデルには2ストオイル用のタンクが付けられています。
このタンクはガソリンタンクのように鉄でできている頑丈なものではなく、それこそ冷却水のリザーバータンクのような樹脂で来ているちょっとチープなタンクで作られていて、古いモデルやこのモデルのような過酷な条件下で走るモデルではその樹脂タンクが割れてしまい、大事な2ストオイルをダダ漏れにしてしまうことがあるのです。
オイルタンクのトラブルはこのCRM80でもよく起こります。
タンクのひび割れやホースがつながる部分から折れる、それからキャップが溶けてしまい、走っている時に外れてしまうということもあり、バイクを止めるとオイルタンクがベトベトになることもよくあります。
キャップの溶けは経年的な劣化で仕方がない部分がありますので、定期的に交換する必要があります。
このキャップには残量警告灯のためのセンサーが付けられているので、蓋ができればいいということではなく、専用品でなければなりません。
しかし困ったことに古いモデルですので部品があまりありません。
新品はもちろんのこと、中古部品もなかなか見つからない始末、価格は1000円ぐらいで買えますが、その前に見つかるかどうかというところが心配です。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

XLR80Rでよくある故障と修理費用
XLR80Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
NSR80でよくある故障と修理費用
NSR80のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。