キャビーナ90でよくある故障と修理費用

振動でマフラーが落っこちる

 

世界で初めての屋根付きスクーターとして発売されたキャビーナシリーズ、その90ccモデルがキャビーナ90です。
専用のロングホイールベースフレームにリード90の2ストロークエンジン、そして大きなルーフを持つスクーターです。
このバイクの最大の特徴はやはり大きなルーフがついていることでしょう。
完全とはいきませんが雨が降っていても最低限の濡れ具合で済むのはこのバイクだけの特徴です。
しかし、あの大きなルーフはいろいろな問題があります。
走行性能的には空気抵抗が大きいとか重心が高くて曲がりにくいなどいうことが言われていますが、乗っている人間から見て一番気になるのがルーフ全体で起こるビビり音です。
搭載しているエンジンが2ストロークエンジンですので振動は仕方がないものですが、それが大きなルーフによって拡大されてしまい、信号待ちなどで止まっている時など結構うっとうしいものがあります。
しかし、これはこのバイクの使用ですので抑えることができません。
我慢するしかないでしょう。
ただ、我慢できないほどの大きな振動を車体全体で感じるようになっていたらそれはトラブルの証しです。
たぶん走行中はどこから振動が起きているかわからないと思います。
そういう時はバイクを止めて、マフラーを後ろから見てみましょう。
実はこの振動はマフラーを車体に固定している金属製のステーが付けられているスイングアームの一部が折れてしまっていることから出ているものです。
マフラーはこのステーで車体に、エキゾーストパイプのところでエンジンに固定されています。
早い話、たった2か所で固定されているわけですが、その内に1つ、それももう1か所の固定されているところから一番遠いサイレンサーのところで外れてしまうことでそれがエンジンの振動を大きくしてしまうのです。
そもそも2ストロークエンジンは4ストロークエンジンと比べて振動が大きいエンジンですので、それが更に強調されてしまえば、ボディ全体が震えるようにことになっても当たり前なのかもしれません。
この状態に早い段階で気が付いた方はまだましです。
気が付くのがもっと遅くなってしまうと振動によってマフラーがもげ落ちてしまい、爆音をまき散らすことになってしまうでしょう。
修理はスイングアームを新しいものに交換することになりますが、部品があまりないので、かけた部分を溶接して直す形となります。
費用としては取り外し、取り付け、溶接の3つの作業でだいたい5000円から8000円ぐらいといった感じです。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

リード90でよくある故障と修理費用
リード90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ベンリィCD90でよくある故障と修理費用
ベンリィCD90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ベンリィ90Sでよくある故障と修理費用
ベンリィ90Sのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ブロード90でよくある故障と修理費用
ブロード90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブC90カスタムでよくある故障と修理費用
スーパーカブC90カスタムのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブ90カスタムでよくある故障と修理費用
スーパーカブ90カスタムのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブ90DXでよくある故障と修理費用
スーパーカブ90DXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブ90でよくある故障と修理費用
スーパーカブ90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ジョーカー90でよくある故障と修理費用
ジョーカー90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
MD90でよくある故障と修理費用
MD90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CS90でよくある故障と修理費用
CS90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。