ベンリィCD90でよくある故障と修理費用

かぶり現象はCDIが原因だったりする

 

スーパーカブの上級版というか、オートバイらしいスタイルを持たせた実用車として作られたのがベンリィCD90です。
エンジンなどの主要部品をスーパーカブと同じとし、フレームを一般的なオートバイのフレームに変えたようなバイクです。
なので、故障の出方も基本的にはスーパーカブと同じですが、点火装置がスーパーカブはフルトランジスタ式を採用しているのに対してこのCD90はCDI点火となっており、その部分が壊れやすくなっているようです。
CDIが故障すると点火系がすべてダウンします。
しかし、いきなりすべての機能が失われるということではなく、最初はイグニッションコイルの送る電圧が低くなるといったことから始まり、低回転や中回転ぐらいであれば何ら問題は出ないのですが、高回転まで引っ張った時に電圧が足りず、失火状態になってしまうといったことから始まります。
それによってよく出る症状というのは、エンジンを引っ張る形で運転している時にある一定のエンジン回転数以上で燃調が狂い、かぶってしまった時に様な、ゴボゴボ・・・ボッボッボッといった音がしてとくる感が全くなるといった具合です。
こういった症状が出ると最初にキャブレターのセッティングを疑うことになりますが、それでキャブレターを確認してもどこにも悪いところはないということが分かってから初めて点火系を疑うことになり、そこでCDIか?・・・ということでCDIの交換を行うといった流れで修理をする傾向があります。
実用回転域で症状が出にくいことからCDIが原因であることに中々たどり着けないことが多く、その間にとうとう完全に壊れてしまいエンジンをかけることが全くできないという状態になる場合も多いようです。
修理としてはCDIを交換するだけといったいたって簡単な作業で終わります。
CDI自体は5000円ぐらいで手に入れることができますのであまり負担はないかと思いますが、どうせ交換するならCD90用とか共通パーツとなるモンキーやゴリラの社外品のCDIを付けると耐久性も点火のパワーも高くなるのでそちらを選ぶというのもいいかもしれません。
同時にスパークプラグも交換した方がいいでしょう。
CDIも実はホンダの弱点の一つで、耐久性があまり高くありません。
このCD90以外のモデルでも純正CDIの故障がよく出ていて、社外品に変えている方が結構いるみたいです。
こういった電装品はどうしても熱に弱いので、ノーマルでも熱対策をとると長持ちするかもしれません。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

リード90でよくある故障と修理費用
リード90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ベンリィ90Sでよくある故障と修理費用
ベンリィ90Sのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ブロード90でよくある故障と修理費用
ブロード90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブC90カスタムでよくある故障と修理費用
スーパーカブC90カスタムのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブ90カスタムでよくある故障と修理費用
スーパーカブ90カスタムのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブ90DXでよくある故障と修理費用
スーパーカブ90DXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブ90でよくある故障と修理費用
スーパーカブ90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
ジョーカー90でよくある故障と修理費用
ジョーカー90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
キャビーナ90でよくある故障と修理費用
キャビーナ90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
MD90でよくある故障と修理費用
MD90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
CS90でよくある故障と修理費用
CS90のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。