ホンダスーパーカブ110でよくある故障と修理費用

ホンダのバイクといえば昔は純日本製でしたが、最近はコスト削減のために海外で生産するようになりました。

 

このスーパーカブ110もかつては日本生産されていましたが、後にタイ製となり、現在は中国製となっています。

 

アジア製は何かといろいろといわれることになるものですが、それでもタイ製の時代まではまあまあ耐えられる程度のトラブルしか出ていませんでしたが、中国製となってからはかなりひどいことになっているようです。

 

よくあるのが、ハンドルポストのところにつけられているメーターからのビビり音です。
スーパーカブは単気筒ですので振動が大きくなるのは仕方なく、多少なりとも車体全体がぶるぶる震えることはありますが、メーターのビビり音はどうやら内部からしているようです。

 

この原因は生産工程での組み付け不良です。

 

スーパーカブ110ではメーターを納めるケースの中にメーター本体が入れられている形になっているのですが、内部はネジで固定されています。
ビビり音がひどいモデルではそれがどうやら固定されていないようなのです。

 

要するにメーターのケースの中でメーター本体がフリーになっている状態ということで、そこに単気筒の振動が加われば、メーターケースの中でメーター本体があばれ、ガタガタ、コトコトといった音を立ててしまうことになるわけです。

 

さすが中国製です。
これは無償で直せます。

 

それから同じメーター関連ですが、ギヤがニュートラルに入っていることを知らせるニュートラルポジションランプの誤作動も多いようです。

 

これはトランスミッションにつけられているニュートラル位置を検知するスイッチが壊れてしまっていることから起こるようで、ニュートラルに入っていてもランプが点灯しなくなってしまうようです。
このスイッチというのが意外と華奢で、二枚のリング状の銅板が合わさっているだけで、片側は固定、片側は動くようになっており、その動く方の銅板に接点として突起が設けられているといった作りになっています。

 

この突起が経年劣化によって摩耗、へこんでしまい、ニュートラルに入って二枚の銅板を突っつけようとしても突起が無くなっているため、接点を作ることができなくなるのです。
これは110だけでなく、他のスーパーカブシリーズでも起こっているようです。

 

修理としては工賃あわせて3,000円ぐらいで済みそうです。
これ以外にも中国製ならではの組み付けによるトラブル、コスト削減のための部品トラブルが多く出ているようですが、スーパーカブといったバイクの性質上、仕方がないことなのかもしれません。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

リード100でよくある故障と修理費用
リード100のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スペイシー100でよくある故障と修理費用
スペイシー100のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
スーパーカブ100でよくある故障と修理費用
スーパーカブ100のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
XR100 モタードでよくある故障と修理費用
XR100 モタードのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
NSF100でよくある故障と修理費用
NSF100のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
Ape100 タイプDでよくある故障と修理費用
Ape100 タイプDのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
Ape100DXでよくある故障と修理費用
Ape100DXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
Ape100でよくある故障と修理費用
Ape100のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。