修理するより売ったほうが得するかも・・・・

1100cc記事一覧

ドライブシャフトからの異音発生ドラッグスター1100は一般的なチェーン駆動ではなく、シャフトによる駆動方式を採用していますが、その構造にトラブルが発生することが多く、交換されることもよくあるようです。よくあるのがシャフトからの異音、だいたい駆動系のトラブルというのは音かオイル漏れでわかることが多いのですが、ドラッグスター1100の場合は音でわかることが多くなります。このシャフトには巻き込み防止と保...

イタリア製のバイクというとベスパやモトグッチ、ドゥカティといったメーカーが有名ですが、ヤマハでもイタリア製のバイクを販売していました。それがBT1100ブルドッグというモデルです。このモデルはベルガルタというところ作ったモデルでヤマハの資本が入っているため、ヤマハのバイクとして販売されているものです。シャフトオイルが白くなるこのモデルはドラッグスター1100のエンジンが搭載されており、ドライブトレ...

海外では1986年から、国内では1995年から発売されたヤマハのアメリカンモデルがXV1100ビラーゴです。ビラーゴシリーズのフラッグシップモデルとして作られており、空冷V型ツインエンジンを搭載した古い時代のモデルです。レギュレートレクチファイアの故障ヤマハに限らず古いモデルとなると必ず出るトラブルがレギュレートレクチファイアが原因となる様々なトラブルです。レギュレートレクチファイアはジェネレータ...

ヤマハのアメリカンモデルのドラッグスターシリーズ、そのシリーズの一番上のクラスとなるのがドラッグスター1100です。ビラーゴの1100ccモデルの後継モデルとして作られ、2010年あたりまで発売されていました。ドライブシャフトからの異音と走行不能このモデルはビラーゴ同様にチェーンではなく、シャフトで駆動するシャフトドライブ機構が採用されています。そのシャフトドライブ機構から異音の発生と、走ることが...

ドラッグスター1100にクラシカルなデザインを与えたのがドラッグスター1100クラシックですが、基本はドラッグスター1100と全く同じものですので、故障事例もほぼ同じといえます。クラッチが滑って走らないドラッグスター1100クラシックには5速リターン式のトランスミッションが採用されているので当然ながらクラッチも付けられています。湿式多板というオートバイでは一般的な構造です。ただ、1100ccエンジ...