修理するより売ったほうが得するかも・・・・

250cc記事一覧

インジェクター不良でエンジンストップオフロードモデルは何かといろいろなところに負担がかかるようで、衝撃に弱い電気系にトラブルが出やすくなります。このWR250Xにおいてもエンジンに燃料を供給するインジェクターが短命であるようです。インジェクターは燃料ポンプによって加圧されたガソリンを吹き出すところで、インジェクター自体は電磁バルブが組み込まれたノズルみたいなものですが、その電磁バルブを開閉するため...

レギュレートレクチファイア不良でバッテリー上がりヤマハにおいても電気系の要であるレギュレターの故障が多いようです。ドラッグスター250もその1台で、幸いなことにヤマハのものはバッテリーからスパークプラグの点火のための電力を取っていないので、走行中にいきなり止まるということは少ないようですが、ツーリング中にちょっと一休みといった時にエンジンを止めて、出発するときにセルモーターが回らないといった、電力...

発電機故障による充電不良これはマジェスティだけではなく、ヤマハのバイク・オートバイ全体でよく出るものですが、充電不良があります。これは発電機内にあるステーターコイルが破断したり、ショートしてしまうことから起こるもので、発電能力を失うことによって、さまざまな症状を引き起こします。走行中のエンジン停止、YCC-ATの動作不良、エンジン始動不能、灯火類がつかない、暗いなど、バッテリー上がりに似た症状を持...

YZF-R25は、小さなトラブルは意外と少ないモデルなのですので、その分、リコールとなる大きなトラブルが続出しているモデルでもあります。サイドスタンドスイッチでエンジンストップまず1つ目がサイドスタンドスイッチの断線によるエンジンストップです。最近のバイクはサイドスタンドを出しっぱなしで走ることを防止するために、サイドスタンドを畳んでいないとエンジンがかからないようになっています。その制御に使うの...

エラーコード12の発生マグザムもECUで管理されているバイクですので、故障したり、トラブルが出ていたりするとメーター内にエラーコードを表示するようになっています。そのコードを見ればどこが悪いのか、だいたいのことがわかります。その中でよく出るものをピックアップしてみると、まずはエラーコード12、これはコード表によるとクランクポジションセンサーの故障となります。クランクポジションセンサーはクランクシャ...

何かと故障が多いカワサキのオートバイですが、Ninjaの250ccモデルにおいても他のメーカーのオートバイではあまり出ないような故障が出ています。スピードメーターギヤからの異音その一つがスピードメーターケーブルまわりからの異音です。音の発生源はスピードメーターケーブルがフロントブレーキあたりにつなげられているところで、音としてはキーキーとか、ゴーゴーという音が聞こえてきます。このトラブルの原因はス...

古い2ストエンジン特有の故障正式名称、トレール250DT-1は日本で初めてモトクロスバイクを公道用として持ち込んだもので、1968年と今から約50年ほど前に作られたモデルです。エンジンは当時としては当たり前のように使われていた2ストロークエンジンで、250cc単気筒エンジンが与えられていました。このモデルのトラブル事例は非常に多岐にわたります。それもそのはず50年も経てば、正常な状態になっていたと...

マフラーが詰まるDT-1の大ヒットで調子に乗ったヤマハが次なるモデルとして作ったのがDT250です。事実上のDT-1の後継モデルということになりますが、より一層公道での使い勝手がよくなり、DT-1以上の人気を博していました。このモデルもかなり古いモデルで、今から47年以上も前のモデルとなり、DT-1と同じく2ストロークエンジンを搭載していることからたくさんのトラブルが出ています。その一つがマフラー...

並行輸入車のリスクを知る2017年にヤマハから発売されるFZ25、このモデルは実はインドですでに販売されているもので、インドヤマハによる製造となります。日本で発売されるものも全てインド製で、いわゆるメーカーによる逆輸入となりますが、日本で正式な発売がされていない時期に購入したものはすべてヤマハとは全く関係のない業者が並行輸入した形で売られているものです。最近は人件費の安さから中国やタイをはじめとす...

突然エンジン回転数が跳ね上がるレーサーレプリカとして一時期大人気となっていたFZRシリーズ、その中の250ccモデルがFZR250です。当時の最先端の技術を装備して、非常に優れた性能を発揮するモデルでしたが、現在の中古バイク市場でも人気が高く、街中を走っているところもよく見かけます。このモデルには水冷式の4気筒エンジンが搭載されていますが、このエンジンでちょっと恐ろしいトラブルが出やすいようです。...

EXUPからの異音FZR250Rには画期的なシステムが装備されています。その名もEXUP、これは排気デバイスと呼ばれるもので、エンジン回転数にあわせてバルブの開閉をおこないます。これはエンジンの一つの特性を利用したもので、どうしても高回転型になってしまうレーサーレプリカにおいて低・中回転域のトルクアップを求めるために、一種の排気抵抗を作り、排気ガスの流れを停滞させることで排気ガスの抜け過ぎによるト...

コンタクトブレーカーの不具合今や旧車会の常連モデルとしてしか扱われなくなってしまったGX250、同じ中型免許で乗れるモデルとしてGX400があったため現在残っている台数は思いのほか少なく、街中を走っているところを見かけることもなくなりました。このモデルは1977年に発売されたモデルで、中型クラスでは2気筒エンジンモデルが主流だったころのモデルです。今のモデルと比べると何もかもが古く、設計も使われて...

アフターファイアーが止まらないヤマハ・インドネシアで生産されているモデルを日本に持ち込んで販売しているのがこのMT-25です。MT-03とは兄弟関係にあるモデルですが、MT-03は320cc、このMT-25は250ccのエンジンを搭載しています。このモデルで有名なトラブルといったらアフターファイアーの多さでしょう。先の信号が黄色になり、その内赤になるであろうことがわかっている場合、誰もがきっとアク...

2ストエンジンの要、オイルポンプヤマハで最後となった2ストロークエンジン搭載モデルのR1-Z、2ストロークエンジン特有のパンチある走りが魅力モデルでしたが、2ストロークエンジンである故、いろいろなことに神経質にならないと長く乗り続けることができません。特に2ストロークエンジンを生かすも殺すもできるといえるオイルポンプのメンテナンスには気を使います。2ストロークエンジンのオイルポンプは、4ストローク...

ピストンに穴が開く2ストロークスポーツモデルとして大人気だったRZシリーズ、その前身モデルとなるのがRDシリーズでその250ccモデルがこのRD250です。このモデルは空冷式2ストローク2気筒エンジンを搭載しており、パンチのある走りができるモデルです。そのためか現在でもなかなかの人気を持っているのですが、古いため状態の良いものが少ないようで、完璧なものは皆無といえるぐらいとなっています。なかでもエ...

エンジン左側からのミッションオイル漏れ4ストローク400ccモデルと同等の走りができるといわれていたRZ250、確かに250ccとはいえ2ストロークエンジンの加速力はワンクラスもツークラスも上のものを持ちます。ただ、そのせいがいろいろな部分に負担がかかります。ましてや35年以上も前の古いモデルとなるとちょっとした負担もそれが故障に繋がってしまうわけです。このモデルでよく出ているのがオイル漏れです。...

ガソリンがあちこちから漏れてくるRZ250のグレードアップモデルとして発売されたRZ250R、YPVSや当時フルカウルが禁止されていた中で装着されたハーフカウルといった武器を備えて発売されたものですが、基本的な部分はRZ250と同じで、現在よく起こる故障においてもRZ250自体のものと似たようなものが出ています。その一つとしてあるのがガソリンのオーバーフローです。オーバーフローはキャブレター内にあ...

クラッチがつながったままになるビラーゴのネイキッドモデルとして発売されたSRV250、250ccという小さなエンジンながらVツインエンジンを搭載していることが特徴です。このモデルは1992年に発売されたモデルで今から25年以上も前のモデルです。さすがにここまで古いと普段では考えられないようなトラブルが発生しやすくなるわけで、特にしばらく間、中古バイクショップなどにおかれていたようなものでトラブルが...

フロントブレーキの効きが悪いSRV250Sにはフロントにシングルディスクブレーキ、リヤにドラムブレーキが採用されていますが、年式が進むにつれてフロントブレーキの効きがだんだん甘くなる傾向があります。完全に効かなくなるわけではなく、明らかに効きが悪くなるようです。これにはこのモデルならではの作りが影響している部分があります。それがブレーキホース、このホースの取りまわしに若干無理があるようで、新しいう...

YDSLキャブレターのトラブルSRX250はSRシリーズ同様に単気筒エンジンが搭載されているモデルなのですが、マフラーは2本、キャブレターも二連のものが付けられています。一見して、2気筒エンジンのようにも見えますが実際には単気筒エンジン、これはSRと違ってDOHC化され、更に4バルブが採用されたことによって実現できたことなのです。4バルブということは吸気バルブが2つ、排気バルブも2つということにな...

ハンドルを動かすとゴリゴリするSRX250Fはだいぶ前に生産終了されたモデルですが、単気筒エンジンに魅力を感じながらスポーティーなイメージを好む方から今でも人気が高いようです。ただ、古いモデルですのでいろいろと手を入れてあげないといけないわけで、メンテナンスや修理など行動力なしではまともに維持していくことは難しいバイクといっていいでしょう。しかし、メンテナンスや修理は適切なメンテナンスや修理を行わ...

ジェネレーターのショートでエンジンストップ2ストロークエンジンを搭載したデュアルパーパスモデルのTDR250、このモデルで多いのがジェネレーター由来のトラブルです。症状としてはエンジンをかけてしばらくアイドリング状態にしておいたら突然エンジンが止まってしまい、その後エンジンをかけることができないばかりか、キーをひねてイグニッションをオンにしても普段であれば点灯しっぱなしになるニュートラルランプが点...

スターターモーター内部の故障4ストローク単気筒エンジンを搭載したモトクロッサーのTT250Rではスターターモーターが壊れてしまうことがよくあります。幸いにもモトクロッサーですので、キックスターターもついていますからスターターモーターが壊れてしまってもエンジンをかけることができない、押し掛けするしかないといったことにはなりませんが、日常的に使うにはやはりスターターは必要でしょう。症状としてはイグニッ...

低回転時の息継ぎTT250R Raidは、デュアルパーパスモデルとして作られているので、搭載されているキャブレターはピックアップの良い強制開閉式、いわゆるVMキャブレターというものが搭載されています。VMキャブレターは、アクセルワイヤーとスロットルバルブが直結しているものでアクセルの開閉にダイレクトにスロットルも開閉することができるため、ライダーの意のままに来ることができるレスポンスの良さを持って...

チェンジシャフトからのオイル漏れTY250Zスコティッシュは、トライアル競技モデルであったTY250Rの公道仕様モデルです。そのため基本的な設計は公道で使うようなものではなく、あくまでも競技用として作られているので日常使いのバイクとしては使いにくいかもしれません。こういったモデルは公道用のオートバイとして見てはいけません。あくまでも競技用に乗っているという意識をしておかないと思ってもみないトラブル...

YPVSのトラブルレーサーレプリカが大やはりの時にヤマハから発売されていたのがTZR250です。このモデルは水冷式2ストロークエンジンを搭載した過激なスポーツモデルで、かなりの加速力を発揮させることができます。その加速力を発揮させるためにはエンジン自体を中回転から高回転型にしなければならず、低回転域がぎせいになってしまい、公道では使いにくいものとなってしまいます。そこでヤマハが作ったのがYPVSと...

温度が上がると調子がよくなるTZR250Rに搭載されている2ストロークエンジンは比較的ピーキーな特性で乗りなれていないと本来の走りを引き出すことができないようなものです。もともと2ストロークエンジンはピーキーな特性でそれでいて繊細、周りの影響をすぐに受けてしまうほど神経質なエンジンでもあります。中には気温や湿度といったことで調子を落としてしまうようなものもあるぐらいですが、エンジン自体の熱の状態に...

無理な運転がたたってガスケット抜けTZR250RSのようなレーサーレプリカタイプもスポーツモデルは一般的に見て無理な運転をされることが多いものです。急加速をしたり、高回転まで引っ張ったりしてエンジンには負担がかかりかかることでしょう。そういった運転を繰り返していくと繊細なつくりの2ストロークエンジンはすぐに音を上げます。その一つが焼き付きです。オイルの供給が間に合っていない、オーバーレブさせた、燃...

リヤサスペンションの動きがおかしいWR250Fはいわゆるエンデューロモデルと呼ばれるもので、オフロードを長時間走るために作られています。オフロード走行というとエンジンにも負担はかかりますが、それよりも大きな負担がかかるのがサスペションでしょう。WR250Fのサスペンションはフロントは一般的なテレスコピック、リアはモノショックを用いたスイングアームとなっています。リヤサスペンションはリンク構造を用い...

多額の修理費用が掛かるインジェクションの故障WR250Rは競技用モデルを転用した形で作られている他のWRシリーズと違い、完全に公道用モデルとして作られたもので、実用性も備えた扱いやすいモデルです。燃料供給も安定して故障の少ないインジェクション式を採用しているのですが、そのインジェクション装置において故障が出ることがあります。症状としてはエンストの頻発です。走行中にアクセルを全閉状態にしたり、信号待...

トランスミッションの不調WR250Rをモタード仕様として作り替えたのがWR250Xです。モタード仕様というとオフロードも元気よく走れるようにしたモデルのことですが、中身はオフロードモデルと同じでピックアップの良い単気筒エンジンを搭載しています。変速比も比較的低めでクロスされているので、パワーバンドを活かした走りをするとなると頻繁にギヤチェンジをしなければなりません。オンロードスポーツのようにレッド...

水の侵入でスタータースイッチが壊れる2016年の11月にインドネシアで発売されたX-MAX250、日本でも発売されることが決まっているようですが、国産のものを販売するのではなく、逆輸入モデルと同じようにインドネシアにあるヤマハで作られたモデルをそのまま日本で販売するという形をとるようです。同じモデルでも日本で作ったものとインドネシアで作ったものとでは品質が違います。これはお国柄ですのでどうすること...

ダイアフラムに亀裂が入るGX250スペシャルの後継モデルとして発売されたのがXS250スペシャルです。当時のヤマハのモデルではアメリカンモデルに「スペシャル」というネーミングをつけるのが一般的でした。このモデルは1980年に発売されたもので古いものとなるとかれこれ35年以上も前のモデルとなります。ここまで古いモデルとなるとどうしてもあちこちにいろいろなトラブルが出てきてしまいますが、中でもよくある...

発電されずにバッテリーが上がるXT250は1980年に発売されたヤマハのオフロードモデル、かれこれ35年以上も前のモデルだけあって、整備をきちんとしていても大事に乗っていても経年劣化によってどうしてもいろいろなところに故障が出るものです。特に電気系はもとから耐久性が低い部品が多いので、現在でも乗り続けようとするのであれば交換や修理が必要となるでしょう。そういったトラブルの一つにバッテリーが上がって...

センサー故障でエンスト頻発セロー250を使ってモタードモデルを作ったのがこのXT250Xで、過去にあったオフロードモデルのXT250とはちょっと経路の違うモデルです。このモデルは排ガス規制にあわせて途中で大改良がおこなわれており、燃料供給装置もキャブレターからフューエルインジェクション式に変更されています。インジェクション式は車体のあちこちにつけられているセンサーからの信号を用いて最適な燃料供給を...

インテークマニホールドの割れ空冷式V型ツインエンジンを搭載するアメリカンモデルのXV250ビラーゴでは、二次エアーの吸い込みでエンジンの調子を落とすものが多く出ています。ビラーゴはキャブレター式の燃料供給装置を持っているモデルですが、キャブレター式ではエアクリーナーから吸い込んだ空気の量に見合ったガソリンをメインジェットから噴霧することで燃料供給を行います。そのため、エアクリーナーから吸気ポートに...

アース不足で電気系がパンクXV250ビラーゴSのみならずXV250ビラーゴ系で多いトラブルがレギュレートレクチファイア関連のトラブルです。レギュレートレクチファイアはジェネレーターと電装品の間に入れられている電子部品で、交流電流を直流化し、12Vを大きく超える電圧を12V前後に落ち着かせる機能を持ちます。ホンダのオートバイでこの部分が非常に弱く、電気系のトラブルが出たら真っ先に疑えなどといわれるこ...

中国製は信用ならないYBR250は、海外で売るために中国やブラジルなどで作らせているモデルです。日本で正規販売されているのは、あの悪名高い中国製のものとなります。他国のものをパクッて商売し、下に落ちたものも食べ物として売るお国柄、そういったところで作られてオートバイに命を預けられるでしょうか?人に言うことも全く聞く耳を持たず、悪いことは神様のせいにする国民性を持っているため、日本のヤマハが口を酸っ...

モトクロッサーなのにクラッチが弱いYZ250Fは、モトクロス競技用に発売されているモデルですが、これを公道で走れるようにすることは意外と簡単で、社外品として販売されている公道化キットなどを組み込んで登録さえすればすぐに公道を走らせることができます。ただ、やはりメインとなるステージはモトクロス競技です。モトクロス競技といえば非常に荒々しい運転が必要で車体に関してもさも丈夫そうに見えますが、中には競技...

ホイールベアリングから異音と振動YZ250Fベースのエンデューロ競技用モデルのYZ250FX、YZ250Fはモトクロス競技用モデルで数分間のレースの間、最高のパフォーマンスを発揮することができればいいわけですが、エンデューロ競技用のYZ250FXでは、もっと長い時間、耐える性能が必要となります。もともとモトクロス競技用のマシンでもそこそこの耐久性は持っていますが、それをもっと耐久性が必要になるエン...

R25でも頻発するアフターファイアー320ccエンジンを搭載するYZF-R3の弟分として発売されているのが250ccエンジンを搭載するYZF-R25です。このモデルもR3同様にインドネシアで生産されたモデルを日本に輸入して正規販売されているもので、言うなればアジア向けモデルを日本で発売したということになります。このモデルには水冷式直列2気筒DOHCエンジンが搭載されているのですが、エンジン排気量こ...

シフトシャフトの段付きFZR250Rのエンジンを搭載してネイキッドモデルのジール、250ccというエンジン排気量で4気筒という構造を持ち、電気モーターのように高回転まで回るエンジンが最大の特徴です。トルクを稼ぐのが難しく、パワー特性も超高回転型となっていて、日常的にはフルパワーを使うことはないでしょう。このモデルでよくあるトラブルがシフトシャフトからのオイル漏れです。シフトシャフトはシフトチェンジ...

スピードメーターの動きがおかしい今やヤンキー御用達となったビックスクーター、グランドマジェスティ。マジェスティを更にグレードアップした高級モデルということになりますが、オーナーによって外装を大改造されてしまうことが多く、それによってバイクの質が低下してしまうため、高級モデルとして見ることができず、結局はヤンキー車というくくりで見られることになってしまう悲しい性を持つモデルです。このモデルでは、オー...

トランスミッションのトラブルヤマハのロングセラーオフロードモデルのセロー250、250ccエンジンを搭載するようになったのは2005年からのことですから初期モデルでもそれほど古いという感じもなく、現行型とそれほど大きな違いがないため、大きなトラブルもないのですが、ヤマハのモデルらしくトランスミッションには神経質な部分を持つようです。症状としては、走行中にある一定のギヤが入らなく無くなってしまうとい...

カムチェーンでエンジン破壊セロー250 20thアニバーサリースペシャルにはOHC単気筒エンジンが搭載されているわけですが、OHCエンジンで絶対に必要となるのがカムチェーンです。カムチェーンはシリンダーヘッドにあるカムシャフトを回転させるためにある金属チェーンで、クランクシャフトにつけられているスプロケットとカムシャフトにつけられているスプロケットの間に張られています。これによってクランクシャフト...

中国製部品でトラブル多発セロー250 30thアニバーサリースペシャルといっても外観だけが特別なだけで中身は普通のセロー250ですからトラブルも準ずることとなります。日本で正規販売されているセロー250シリーズはすべて国内生産とされています。一部のモデルやメーカーでは中国やタイ、インドネシアなど人件費の安い発展途上国で生産し、それをまた輸入してきて国内モデルといった形で販売することがありますが、は...

ここも弱点、点火系と充電系ツーリングセローはインジェクション式になったセローに特別なパーツをつけただけのものですから故障事例などは過去からあるセローと何一つ変わっていません。セローには大きな弱点があります。それが点火系と充電系です。点火系はスパークプラグに火花を散らすための電気系統、充電系はバッテリーや各電装品に送るための電気を作り出すための電気系統のことです。まず点火系統ですが、よく壊れるのがイ...

ドラムブレーキがロック状態になるドラッグスターシリーズの最小モデルとなるのがこのドラッグスター250、2017年に生産が終了されてしまいましたが、250ccクラスのアメリカンモデルとして最後まで発売されていたモデルだけあって、中古バイク市場でもなかなかの人気を持ちます・このモデルには格上モデルとなるドラッグスター400と同じようにリヤブレーキにドラムブレーキが採用されています。ドラムブレーキは効き...