修理するより売ったほうが得するかも・・・・

900cc記事一覧

XSR900では、何といいますかヤマハのバイク作りの安易さを感じるトラブルが出るようです。メインハーネスの損傷はリコールこれはリコールになっているので修理自体はすべて無料となりますが、メインハーネスに損傷が出やすい傾向があるようです。メインハーネスとは要するに配線の束で、ハンドル部と車体本体の各部分を結ぶ形でとりまわされているものなのですが、ハンドルを左右に曲げることによって、そのメインハーネスに...

バルブが折れる2代目モデルになってエンジン排気量を約900ccまで拡大したのがTDM900ですが、このモデルはカムチェーンがらみのトラブルが続出しています。症状としてはエンジンの音に混じってカラカラとかカリカリといった金属音が含まれるというもので、その状態を放っておくとそのうち音が激しくなり、最終的にはエンジンからガチャガチャという激しい音がしたと思ったとたん、エンジンが止まってしまうというもので...

不思議なトラブル発生中XSR900にはちょっと不思議な故障事例があります。症状としては、アイドリングが安定せず、エンジン回転数が上がったり下がったりするというもので、油断をするとエンジンがストールしてしまうこともあります。そしてもう1つ、メーターにあるTCS警告灯が点灯し、トラクションコントロールの切り替えもできなくなるといった症状も出るようです。アイドリングの不安定はいろいろな理由が考えられます...