XJR1200Rでよくある故障と修理費用

XJR1200にハーフカウルをつけただけのXJR1200R、それ以外はほとんどXJR1200と同じですので、壊れやすい部分はトラブルが出やすい部分は全く同じです。
もともとあまり台数が多いモデルではありませんので、このモデル固有のトラブルというものあまり知られていません。

スターターが滑る

 

これはXJR1200シリーズ全体に言えるものなのですが、スターターボタンを押してエンジンを掛けようとしてもスターターモーターの回る音はするが、エンジンがかからないというトラブルがたくさん出ているようです。

 

特にエンジンが冷えている状態で出ることが多く、もともとかかりが悪い中でスターター機構に負担がかかりやすいことから目立ってそう思えるのでしょう。

 

こうなる原因はスターター機構の一部として取り入れられているスタータークラッチです。
ワンウェイクラッチなどとも呼ばれていますが、エンジンを掛けようとスターターモーターを回し、クランクシャフトの回転数よりスターターモーターの回転数の方が高い時だけ結合し、逆にエンジンがかかって、クランクシャフトの回転数の方が優った時には結合を解除するという機能をもたらすものです。

 

スタータークラッチにはいろいろな形式のものがあるのですが、このXJR1200シリーズに採用されているのは、円筒状のローラーが入れられているものです。
この形式はスターターモーターとギヤで結ばれているリングギヤの内側と中央に入れられているクランクシャフトと直結しているシャフトの間にスプリングで押さえつけられている形で置かれるローラーが入れられており、外周側のリングギヤがスターターモーターによって回されると、リングギヤの売り側と中央のシャフトに間に挟まるようになり、それによってスターターモーターの動力をクランクシャフトに伝える形になります。

 

一方、エンジンが始動し、クランクシャフトが回り始めると挟まっていたローラーが元の位置に戻り、リングギヤの内側と中央のシャフトの結合が解かれるという形となります。

 

こういった構造の中でスタータークラッチが滑るということはローラーの摩耗やリングギヤに内側、あるいは中央のシャフトの摩耗によって、ローラーが食い込まない状態になっている状態になっているといえます。

 

またはローラーを喰い込ませる時にきっかけ作りとなるスプリングのテンションが弱くなって、食い込ませることができないという場合もあります。

 

修理は基本はスタータークラッチごとそっくり交換するのが一番良いと思います。
しかしそうしてしまうと安くても30000円以上の費用が掛かってしまうので、原因が断定できるのであれば、その部分だけを交換することでも直すことができ、5000円から20000円ぐらいで直すことができます。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

VMAXでよくある故障と修理費用
VMAXのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
VMX1200でよくある故障と修理費用
VMX1200のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
XJR1200でよくある故障と修理費用
XJR1200のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
XT1200ZEスーパーテネレでよくある故障と修理費用
XT1200ZEスーパーテネレのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
XT1200Zスーパーテネレでよくある故障と修理費用
XT1200Zスーパーテネレのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。