修理するより売ったほうが得するかも・・・・

500cc記事一覧

YPVSコントローラーの故障今では絶対に売ることができない、500cc水冷2ストロークV型4気筒エンジンを搭載したレーサーレプリカのRZV500R、まさにサーキットから抜け出てきたようなマシンです。このモデルは1984円に発売されたかなり昔のモデルです。このころの2ストロークエンジンはかなり荒々しいもので、水冷式というのもまだ発展途上であったために当時から故障が多いモデルとして知られていました。そ...

ワッシャー1つで修理費用10万円ヤマハのビッグシングルエンジンモデルといえばSRシリーズでしょう。特にSR500は一番大きなエンジンを搭載するモデルということで大型二輪免許が比較的楽に取ることができるようになってから人気が上がってきました。モデルは初期型から基本的にあまり変わっておらず、エンジンも基本的には全く同じです。古くなるとどうしてもいろいろなトラブルが出やすくなり、そのたびに自分で直したり...

音だけではわからないスターターリレーの故障スクーターでありながらオンロードモデル並みのスペックと装備を持つTMAX、しかし、オンロードモデルの性能をスクーターのボディで発揮させようというのもやはり無理があるようで、整備性の悪さも持ち合わせているようです。整備性の悪さは実際に整備や修理をする時に手間がかかるだけでなく、日常のメンテナンスも遠のかせてしまうということもあるため、車体としてもあまり喜ばれ...

エラーコード12が出るTMAXが2代目モデルになった時に発売された派生モデルのTMAXスペシャル、このモデルからインジェクション式になったのと同時に自己診断機能が搭載され、どこかに不具合が出た時にその内容と場所がわかるようにエラーコードを出すようになりました。そのエラーコードをエラーコード表と照らし合わせて不良個所を特定するということになるのですが、場合によってはそれが全く違う判断をすることになり...

点火不良でエンジンがかからないSR500のベースとなったといっていいXT500、こちらはオフロードバイクですが、エンジンは全く同じものが搭載されています。このモデルでよくあるトラブルが、点火系の故障によるエンジンスタート不良です。このエンジンでは点火装置としてコンタクトブレーカーが付けられています。コンタクトブレーカーはいわゆるポイント式と呼ばれる点火構造のメインとなるものでXT500にはクランク...