XJ6Nでよくある故障と修理費用

ギヤの入りが悪い

XJ6ディバージョンのカウルレスモデルとなるのがこのXJ6Nですが、車体自体はXJ6ディバージョンと全く同じで、このモデルでもギヤの入りが悪いという症状が出ています。

 

ヤマハのトランスミッションは昔から性能があまり良くなく、走行中のギヤ抜けやシフトチェンジができなくなる、チェンジペダルの動きが渋いといったようなトラブルが付きまとっていました。

 

このXJ6シリーズでも多くのモデルでギヤの入りが悪いというトラブルが出ており、ギヤが入った時のショックや音がかなり大きくなってしまうものが多いようです。

 

XJシリーズのみならずオートバイのマニュアルトランスミッションには常時噛合式という構造が使われています。
これはクラッチとつながっているメインシャフトとカウンターシャフト、あるいはドライブスプロケットが付けられているシャフトにつけられているギヤが常にどこかしらでつながっている状態になっているものです。
これらのギヤというのは一部はシャフトに固定され、また一部は空転するような形になっており、空転するギヤ場合はシャフト上を横にスライドさせることで、シャフトに固定されるという構造になっています。
ですので、ギヤがどこかしらで必ずつながっており、ギヤ自体は回っているのですが、それがシャフトと連結されていないから動力が伝わらない形になっているということです。
これが要するにニュートラルの状態です。

 

変速をするとシフトフォークというアームでギヤをシャフト上でスライドさせることで空転状態からシャフト固定状態となり、そこで初めてギヤが入り、ドライブスプロケットを回すことができるようになるわけです。

 

こうしてみるとトランスミッションというのは常に負担がかかりっぱなしなっていることがわかると思います。
高回転で回っているギヤをスライドさせて、止まっている、あるいは回転数の違うシャフトと無理やり結合させようとするわけですからトランスミッション内のパーツは常に摩耗や劣化が進んでいるというわけです。

 

そういった劣化や摩耗をできるだけ抑えようとするのがオイルです。
オートバイの場合はエンジンオイルとトランスミッションオイルが供用されているのでエンジンオイルがその役目を果たします。

 

XJ6Nでも買った当時はスコンスコンとギヤが入ったが、ここ最近はかなり渋くなったという声を聞きます。
これはトランスミッションの潤滑を行うオイルが劣化して、ギヤの動きが悪くなっているからなのです。

 

ギヤの入りが悪い場合はその状態を取り除かなければなりませんが、それを行うのに特別な作業入りません。
定期的なオイル交換をしていればいいのです。
特にヤマハのトランスミッションはオイルの劣化に敏感であることから、少しでもギヤの調子が悪いと思ったらすぐにオイル交換をしましょう。

 

費用はオイル代を入れても3000円から5000円程度で済みます。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

FZ6 Fazer S2でよくある故障と修理費用
FZ6 Fazer S2のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
FZ6-Nでよくある故障と修理費用
FZ6-Nのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
FZ6Rでよくある故障と修理費用
FZ6Rのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
FZ6-S FAZERでよくある故障と修理費用
FZ6-S FAZERのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
SRX600でよくある故障と修理費用
SRX600のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
XJ6でよくある故障と修理費用
XJ6のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
XJ6ディバージョンでよくある故障と修理費用
XJ6ディバージョンのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
XJ6ディバージョンFでよくある故障と修理費用
XJ6ディバージョンFのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
YZF-R6でよくある故障と修理費用
YZF-R6のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。