修理するより売ったほうが得するかも・・・・

650cc記事一覧

古さゆえ仕方のないオイル漏れ1970年に端を発するXS650シリーズの1973年度モデルがこのTX650、発売は1973年から1980年代までの間、何回もマイナーチェンジをしながら売られていました。デザイン的にはトライアンフを強く意識してもので、今でもエンスージアストの中では人気のモデルとなっています。これくらいの年式のモデルとなるとやはり通常では出にくいトラブルもよく出るようになります。それもそ...

シリンダーヘッド周りからのオイル漏れXS650もかれこれ45年以上昔のモデルです。そのため故障は多く、特にエンジン周りからのオイル漏れが多発しています。エンジンといってもいろいろな場所がありますが、オイル漏れが発生しやすいのはシリンダーヘッドです。このモデルのエンジンは空冷式の直列2気筒OHCエンジンでカムシャフトとは一本でロッカーアームで吸気側、排気側のバルブを稼働するようになっています。そのた...

クランクシャフトが回らない日本にアメリカンバイクというものを普及させたといってもいいのがこのヤマハのXS650スペシャルです。プルバックバックハンドルに段付きシート、長いフロントフォークに短いリヤサスペション、この典型的なスタイルを日本に持ち込んだのがこのモデルで、それ以降ヤマハではアメリカンバイクにスペシャルというネーミングを与えることとなりました。このモデルはXS650をベースにして作られたも...