修理するより売ったほうが得するかも・・・・

750cc記事一覧

クラッチオイルが漏れる2年たらずで生産終了となってしまった割には意外と中古市場にたくさんあるFZ750ですが、30年以上も昔のモデルだけあって、故障というよりは経年劣化による不具合というものがたくさんあります。特に油液類に関わる部分はいろいろなところからトラブルが発生します。その一つがクラッチオイルの漏れです。当時は油圧式のクラッチの出始めのころで、何かとトラブルの発生やワイヤー式とのフィーリング...

オーバーヒートに注意V-MAX人気に隠れてあまり売れていなかったFZX750ですが、現在の中古バイク市場ではそこそこの人気を保っています。このモデルにはFZ750と同じ水冷式直列4気筒20バブルエンジンが搭載されていますが、このエンジンでオーバーヒートに注意をする必要があるでしょう。このモデルにもラジエーターにクーリングファンが付けられていて、冷却水の温度が高くなってくると自動的にファンが回り冷却...

メーターの針が激しく動くヤマハのXJシリーズの最上級モデルとして販売されていたXJ750E、1981年に発売が開始されたかなり古いモデルで現在ではあまり見かけなくなりました。このモデルぐらいの古さになると経年劣化との戦いで、メンテナンスも修理に関しても直すというよりも原状復帰といった形になることが多く、このトラブルもそのうちの一つ、スピードメーターの針の動きがおかしくなるというものです。このモデル...