XVS950Aでよくある故障と修理費用

プーリーが緩んでくる

 

ミッドナイトスターシリーズで一番エンジン排気量が小さいモデルがこのXVS950Aです。
このモデルにも他のモデル同様にベルト駆動が採用されているのですが、派生モデルであるBOLTで多発しているプーリーに緩みがこのモデルでも発生しています。

 

通常のオートバイでは2つのスプロケットをチェーンで結ぶことで駆動力をリヤタイヤに伝えているわけですが、ベルト駆動式では、スプロケットではなくプーリー、2つのプーリーの間をベルトで結ぶ形を取ります。
エンジンからの出力はトランスミッションケースから飛び出た形になっているカウンターシャフトにつけられているプーリーで行われます。
そのカウンターシャフトとプーリーには回転力を確実に伝えるためにお互いにスプライン、円周上に刻まれたキー溝で回転方向の力を支えるようになっています。
これによってシャフトとプーリーはがっちりと固定され、大きなトルクをかけてもシャフト上をプーリーが訓点しないようになっているのです。

 

しかし、このモデルではプーリーをとめているボルトが緩むことが多いようで、それによってシャフト上でプーリーがスライドしてしまい、ガタある状態で回されることになります。
この状態で回され続けるとシャフト側、プーリー側のスプラインがぶつかり合ったりこすれあったりして、異常摩耗を引き起こし、しまいにスプラインが無くなって、シャフトが空転をしてしまうことがあるのです。

 

だいたいこういった状態になる前にプーリー周りからガタガタといった異音やベルトがねじれることで発生するシュルシュルといった音が聞こえるようになりますので、それで気が付くことが多いのですが、それでも気が付かないまま乗り続けるとシャフトが回ってもプーリーが回らないということになってしまい、走行不能となります。

 

ここまで来たら大変な修理が必要です。
プーリーは取り外して交換するだけで済みますが、カウンターシャフトはトランスミッション内につけられているものですので、交換するのにエンジンを降ろして、エンジンを分解しなければなりません。
そうなるとおのずと時間も手間もかかりますので交換するシャフトが10000円だとしても工賃が30000円以上かかってしまうことになります。

 

プーリー交換やベルト交換も合わせたトータルでの修理費用はだいたい50000円以上の費用が掛かってしまうでしょう。

修理するより売ったほうが得するかも・・・・

関連ページ

BOLTでよくある故障と修理費用
BOLTのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
BOLT Cスペックでよくある故障と修理費用
BOLT Cスペックのよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。
SCR950でよくある故障と修理費用
SCR950のよくある故障と修理費用、その内容に関するページです。